体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

群馬県民が愛する「粉もの」6選

群馬県民が愛する「粉もの」6選

群馬県の名物には、小麦粉を使った粉もの料理が多くあります。

例えば「高崎パスタ」「いせさきもんじゃ」「水沢うどん」などは、それぞれの地域に根付いた「粉もの」を使ったソウルフードです。中でも、とくに群馬県民が愛する粉もの料理を、地元の人に教えてもらったおすすめ店と共に紹介します。

01.
パスタのまちで食べる
「高崎パスタ」

群馬県民が愛する「粉もの」6選上州麦豚のカツがのったシャンゴ風パスタ。写真は「高崎OPA」内で撮ったもの

高崎市は、多くのパスタ店が出店していることもあり、最近では「パスタのまち」と呼ばれています。2009年からは、高崎市内のパスタ店を中心にキングを決定する「キングオブパスタ」というイベントも始まっています。

「高崎パスタ」の特徴は、量が多いところ。普通盛りでも、「え、こんなに!?」というほどにボリューミーです。それともうひとつ、高崎が発祥といわれるスープパスタもバリエーション豊富な店が多く、見逃せません。

【地元の人に教えてもらったおすすめ店】
イタリアンレストラン シャンゴ
ボンジョルノ

02.
日本三大うどんのひとつ
「水沢うどん」

群馬県民が愛する「粉もの」6選

讃岐うどんと稲庭うどんと並んで、日本三大うどんに数えられる「水沢うどん」。渋川市にある、伊香保温泉近くの水澤寺の参拝者に振る舞われたことがはじまりだといわれています。このうどんの起源は、約400年も前だと言われています。

水澤寺の近く、「水沢うどん街道」は、数十店舗のうどんのお店が立ち並ぶ観光スポットです。

【地元の人に教えてもらったおすすめ店】
大澤屋
松島屋

03.
一度聞いたら忘れない
「おっきりこみ」

群馬県民が愛する「粉もの」6選

おっきりこみ。
パスタやうどんと比べたら、あまり馴染みのない名前かもしれませんが、一度聞いたら耳から離れません。

幅の広い生麺を旬の野菜やきのこなどと一緒に煮込んだ料理で、塩を入れずに打った生麺を煮込むため、打ち粉が溶けてとろみが出てくるのが特徴です。おっきりこみはお店によってベースの味が異なりますが、醤油や味噌をベースにするとおいしくいただけるんだそうです。

【地元の人に教えてもらったおすすめ店】
田園プラザかわば あかくら
道の駅 くろほねやまびこ

04.
三種のベースを選ぶ
「いせさきもんじゃ」

群馬県民が愛する「粉もの」6選

もんじゃ焼きといえば、東京の月島をイメージする人も多いのではないでしょうか? でも実は伊勢崎市には「いせさきもんじゃ」があるんです。

「いせさきもんじゃ」の特徴は、具が少なくてあまり豪華な感じがしないところ。チープで庶民的だからこそ、若い世代でも気軽に楽しむことができます。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。