体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

30分で300キロカロリーを消費! 話題の“超燃焼系”エクササイズの秘密

30分で300キロカロリーを消費! 話題の“超燃焼系”エクササイズの秘密
J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。4月25日(水)のオンエアでは、30分で300キロカロリーを消費する、話題の“超燃焼系”エクササイズ「THREE HUNDRED」を紹介しました。

■音に合わせて楽しくエクササイズ!

このトレーニングは、腕にリストバンド型の活動量計を装着して、心拍数・消費カロリーをモニタリングしながら、30分で300キロカロリー以上の消費を目指すというものです。

「ティップ.クロス TOKYO」のインストラクター、福島沙織さんよると、ステップ台を使って、前半は筋肉トレーニングで全身をくまなく締め、後半は低負荷と高負荷を交互に繰り返す“High-intensity interval training”(HIIT:高強度インターバルトレーニング)で一気にカロリー消費を高めるそうです。HIITトレーニングでは、20秒トレーニングをして、15秒休むことを繰り返して心拍を上げていき、30分間で300キロカロリー消費を目指します。HIITは運動中だけでなく、運動後もカロリーを消費しやすい状態がしばらく持続するというメリットがあるとか。

福島:ウォーミングアップから、普通のレッスンよりはハードめというか、しっかりと心拍数も上げながら行います。いろいろなバリエーションがあるので、体力レベルが普通の方から、初めてトレーニングされる方、慣れている方まで、強度の調節ができます。全員に向いているレッスンです。

まずはステップ台を使って、自分の体をしっかりと動かしていく「ファンクショナルトレーニング」をすることで徐々に体が慣れていき、30分で300キロカロリーが到達できる体になっていくとのこと。

福島:テンションが上がるような音に合わせて行うので、楽しく参加している人が多いですよ。そのほか、リストバンド型の活動量計をつけてカロリーを確認しながら行うトレーニングもあります。

実際にエクササイズに参加された人たちからも「30分だけどすごく汗が出て、やっててスッキリ」「日常生活ではしないようなハードな動きをするので、部活をやっていた時を思い出すようで、追い込めて楽しかったです。カロリーは370キロカロリーを燃やしました」と、積極的に取り組んでいる人が多いです。

短時間で集中してエクササイズしたい方、夏に向けて体を引き締めたい方は、ぜひ、チェックしてみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。