体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GW前に予習!超簡単な日本庭園の楽しみ方ガイド

GW前に予習!超簡単な日本庭園の楽しみ方2ステップ
旅先で日本庭園を楽しむ機会は、意外に多くありませんか? 金沢の兼六園や京都・龍安寺の石庭など、庭園そのものが観光の目玉になっているような場所もありますし、神社仏閣、お城、旅館、美術館、古民家カフェなどで日本庭園を目にするケースも多いです。

しかし、これだけ日本庭園を目にしながら、ほとんど日本庭園について知らないという人も多いのではないでしょうか。せっかく日本人として日本に暮らしているのであれば、ほんの幾つかでも知識を学んで、今よりもちょっとだけ日本庭園を深く見られるといいですよね。

そこで今回は基礎中の基礎、「これだけ知っていればもっと楽しめる」という庭園鑑賞のポイントを、2ステップでチェックできるように絞り込んでみました。

 

ステップその1:日本庭園には3種類(三大様式)があると覚えておく!

GW前に予習!超簡単な日本庭園の楽しみ方2ステップ
茨城県の偕楽(かいらく)園

まずは大まかな日本庭園の種類から。日本中には名園と呼ばれる日本庭園がたくさんあって、素人には何が何だかよく分からなくなってしまうかもしれませんが、実はたったの3種類に分類できるようです。

1. 池庭(池泉式庭園)→庭に池や川がある

2. 枯山水→庭に池や川がなく、庭の構成は石が主体になっている

3. 露地庭(茶庭)→茶室がある

といったポイントを押さえればいいみたいですね。もう少し覚えられそうな人であれば、

・池庭(池泉式庭園)→古代から日本庭園の主流

・枯山水→石で水を含む自然の景観を象徴的に表現

・露地庭(茶庭)→飛び石、石灯籠(とうろう)、つくばいなど、茶事に必要な景物がある

といった点も併せて頭に入れておきたいです。

GW前に予習!超簡単な日本庭園の楽しみ方2ステップ
龍安寺の石庭

例えば日本三名園の兼六園(金沢市)、後楽園(岡山市)、偕楽園(水戸市)は全て池庭(池泉式庭園)、京都の龍安寺の庭は枯山水、同じく京都の仁和寺にある2つの茶室周辺には、露地庭が作られています。もちろん、特徴がミックスされたような庭も少なくないですが、池や川があるか、石を主体に自然を表現しているか、茶室があるかどうかで、大まかに見極められるみたいですね。

 

ステップその2:四大要素に一通り目を向けてみる

GW前に予習!超簡単な日本庭園の楽しみ方2ステップ
庭の大まかな種類が分かったら、今度は庭を構成する四大要素に目を向けてみると、庭園の見どころを押さえられるようになるそう。四大要素とは、

1. 水

2. 石

3. 植物(植栽)

4. 人工の景物(飛び石、石灯籠、つくばい)

になります。水と石、植物と景物が庭園でどのように使われているか、それぞれがどのような意味を持たされているのか、自分なりに目を向けてみる、パンフレットがあれば四大要素の意味をチェックしてみるだけでも、感じ方が深まるはず。

後述する通り、結局庭園の見どころとされるポイントは、大抵が四大要素に集中しています。専門的な知識がなくても、とりあえず庭の水、石、植物、人工の景物に注目してみるといった見方は、大きく間違ってはいないと言えそうですね。

 

兼六園で庭の見方を練習してみよう!

GW前に予習!超簡単な日本庭園の楽しみ方2ステップ
兼六園の雪吊りのライトアップ

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。