体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

話題の新施設!サイクリストの新たな聖地となった土浦にさっそく行ってみた

話題の新施設!サイクリストの新たな聖地となった土浦にさっそく行ってみた

ロードバイクに関するブログを書いているイマオです!!
車やバイクで移動する旅もいいですが、私の相棒といえばロードバイク。
自分の足でその土地を隙間なく回れ、風や季節のにおいを感じることができるのが魅力です。

今回は茨城県南西部にある全長約180㎞のサイクリングロード「つくば霞ヶ浦りんりんロード」のうち、JR土浦駅から筑波山までのコースを中心に、初心者から中級者まで楽しめる1泊2日の自転車旅をしてきました。

“サイクリストの新たな聖地”土浦の新施設へ

上野駅 電車輪行

まずはJR上野駅から専用の袋にロードバイクを入れて、電車に乗り込みます。JR常磐線特急で約40分と、あっという間に土浦駅に到着。

土浦はサイクリストの新たな聖地と呼ばれています。その理由はサイクリングコースだけでなく、土浦駅に秘密があるんです。
BIKE BASE りんりんスクエア土浦

BIKE BASE 「りんりんスクエア土浦」ル・サイク B1F/1F

2018年3月29日に日本最大級の体験型サイクリングリゾート「PLAYatré(プレイアトレ)」が土浦駅に誕生しました。
第一弾の開業として、1F、B1Fに全国初の駅直結型サイクリング拠点施設「りんりんスクエア土浦」が先行オープン。「つくば霞ヶ浦りんりんロード」の拠点として、レンタサイクルやサイクルショップ、シャワー室、更衣室、ロッカーなど、サイクリングを楽しむための施設が揃い、サイクリストにとって最高の環境です。サイクリング初心者も、ここで自転車を借りれば簡単に楽しめますね。
2018年秋以降には、サイクルホテルやレストラン、地元人気ショップがオープン予定!

りんりんスクエア土浦 フリースペース

自転車を輪行袋から出すスペースもあります。

いよいよスタート! ……の前に、ちょっと寄り道。

創業102年の老舗で国産うなぎ弁当をゲット!

土浦駅から自転車ですぐ、創業102年の佃煮とうなぎの名店「小松屋」で、昼食用にうなぎ弁当を購入します。
小松屋前 サイクルラック

店頭にはスタンドのないロードバイクを駐輪できるサイクルラック
小松屋 うなぎを焼く様子

香ばしいにおいがたまらない!!

ちょっと奮発してうなぎ弁当特上(2,900円)にしちゃいました。うなぎの大きさで「並」「上」「特上」の3種類があり、希望の種類が焼けていない時もあるので、待たずに受け取りたい場合は事前の電話予約がおすすめです。

和風ベーカリーカフェでエネルギー補給!

つくば霞ヶ浦りんりんロード入り口

お弁当も用意し今度こそスタート!
つくば霞ヶ浦りんりんロードは初心者でも楽しめる平たんなコース。順路に沿って進めば迷うことがないのもポイント。

今回は2日間で総距離約70㎞をサイクリング。
1日目は土浦駅から「筑波山ホテル 青木屋」まで、寄り道をしながら約26kmを走ります。

つくばりんりんロード つくばりんりんロード

抜けるような青空のもと、道沿いの新緑を楽しみながら走ります!

ちなみに、ロードバイクなどのスポーツバイクに乗る際は、想像以上にエネルギーを消費するもの。ハンガーノックといわれる極度の低血糖状態に陥ることがあるので、小まめな補給、休息を心がけましょう。
お弁当を食べる予定の目的地までは少し距離があるので、先にどこかで軽食を取っておくことに。
和のベーカリーカフェ 蔵日和 外観

1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。