体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

結婚相手に家事・育児をしてほしいなら○○をしよう by 斗比主閲子

結婚相手に家事・育児をしてほしいなら○○をしよう by 斗比主閲子

こんにちは、斗比主閲子です。

結婚相手には家事・育児をしてほしいですよね。やはり、自分だけではなく、一緒にやってこその共同生活ですから。

しかし現代日本では家事・育児は未だ女性がするものという傾向にあり、男性の家事・育児時間は増えているといってもまだまだ少ない傾向にあります。

結婚した後で「蓋を開けてみたら夫が家事・育児をしてくれない」というのはあるあるです。できれば結婚する前に、相手が家事・育児をしてくれるかどうか、どうしたら家事・育児をしてくれるようになるかを分かっておきたいところです。

コミュニケーション、周囲の理解、抵抗感をなくす、評価する

次のグラフは、内閣府が、男性が家事、子育て、介護、地域活動に積極的に参加するために必要なことをアンケート調査したものです。

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180425172838p:plain

男女共同参画社会に関する世論調査 図16 – 内閣府

夫婦間でのコミュニケーションをよくはかること、男性の家事・育児について職場や周囲の理解を進めること、男性自身の抵抗感をなくすこと、評価を高めること……が上位に並んでいます。

結婚後に男性が家事・育児をするかどうかのヒントになる調査結果ですが、それぞれどう考えたらいいでしょうか。

家事・育児の考え方は人それぞれ。だからコミュニケーション大事

まず、1つ目の「夫婦間でのコミュニケーションをよくはかること」というのは、家事・育児をどういうスタンスでどれくらいするかを夫婦間で摺り合わせておくことだと考えられます。

家事・育児をしてほしいというのはあるにせよ、どんな家事をどれくらいするかというのは、それぞれの家庭環境や今後どんな家庭生活を送りたいかによって変わるものです。たとえ、愛し合って結婚した者同士でも家事・育児観がまったく一致しているかといえばそうではありません。

結婚前に、どんな風に家事・育児を考えているか素直に話してみるのはとても重要なことです。

周囲が家庭に理解がないと家事・育児はシンドい

2つ目の「男性の家事・育児について職場や周囲の理解を進めること」というのは、周りが男性が家事・育児をすることを当たり前のことと受け止めるということだと考えられます。

職場の労働時間が長く、家庭生活について無頓着ということだと家に帰ってから家事・育児をする精神的・時間的な余裕なんて持てません。当然ながら、家庭のために休みを取ることも難しくなります。

また、結婚相手の男性の両親が「息子に家事・育児なんてさせるのはみっともない」という考え方なら、たとえ男性本人がやる気があっても、家事をしていることを口外しにくくなります。

男性が家事・育児をできない背景には、それまでの男性がいわば押し付けられてきた男性観の影響が大きくあります。結婚前に、男性の周囲の環境が、家事・育児をすることに好意的かどうかを見てみましょう。

こう言っては何ですが、ブラック労働環境で働いている男性に家事・育児をさせようとするのは、無茶です。

家事・育児のやり方を共有し、お互いに評価し合うようにする

3つ目と4つ目の「男性自身の家事・育児への抵抗感をなくすこと」、「評価を高めること」。これはそのままですね。

先日、知人男性と話しているときに「料理なんてとてもできない。ぶり大根とかどう作るの?」と言われました。料理になれている私からすれば、煮物系のぶり大根は、焼き物、蒸し物と比べれば格段に楽な料理ですが、口でいくら説明しても「自分にはとても無理かも」と言われてしまいました。

1 2次のページ
ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。