体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

伝説のギャグまんが「マカロニほうれん荘」初の展覧会開催

伝説のギャグまんが「マカロニほうれん荘」初の展覧会開催

 1970年代に大ヒットした、鴨川つばめさんのギャグまんが「マカロニほうれん荘」。時代を先取りした斬新なギャグと展開、そしてマニアックなパロディなど、連載終了後39年たった今でも熱狂的なファンの多い伝説の作品です。その「マカロニほうれん荘」初の生原画展示会が2018年5月19日から中野ブロードウェイで開催されます。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 1977年から1979年にかけて「週刊少年チャンピオン」に連載されていた「マカロニほうれん荘」。主人公の沖田総司が「きんどーさん」こと金藤日陽、「トシちゃん」こと膝方歳三に振り回されたり突っ込んだりという、学園・アパートものギャグのはしりとも言える作品です。時に唐突とも思えるスピーディーな展開、マニアックなパロディ、また「ノオッ」の言葉で有名なクマ先生など、個性豊かなキャラクターが魅力の作品です。ちなみに「女子大生トリオ」のひとり、斎藤ルミ子の口癖「キャイーン」は、お笑いコンビ「キャイ~ン」の元ネタと言われています。

 「マカロニほうれん荘展 – MACARONI IS ROCK ! -」と題された今回の原画展では、作者・鴨川つばめさん本人が選曲したロックミュージックが会場で流されます。作中でもクイーンやレッド・ツェッペリンをモチーフにしたキャラやギャグが登場するなど、当時のロックシーンとシンクロした描写が見られた「マカロニほうれん荘」。作者が執筆当時に聴いていた音楽とともに、100枚近くの原画を鑑賞してもらおうという趣向。

 展示会の入場は無料。会場内にてラバーキーホルダー(各税抜き650円)やキャンバスアート(各税抜き3000円)など、「マカロニほうれん荘」オリジナルグッズの販売もあります。

■マカロニほうれん荘展 – MACARONI IS ROCK ! –
会期:2018年5月19日~6月3日 12:00~19:00(水曜定休)
会場:ギャラリー「Animanga Zingaro」(東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ2F)

情報提供:株式会社秋田書店

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

「これは何かの訓練ですか?」ドイツのレジが反射神経を要するワケ
「北斗の拳」が日本初の実写化 ケンシロウは伊藤英明 「デ・オウ」CMで実現!
「覚悟はいいかそこの女子。」映画化決定 ヘタレイケメンを中川大志が熱演

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。