体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アディダス、NYランナー向けシューズ「AM4NYC」発売

アディダスのラニングシューズに、最新テクノロジーを駆使したNYモチーフの新商品が加わった。ニューヨークで実際にランニングする人のデータを収集して開発し、同社の全自動工場Speedfactoryで製造された「AM4NYC」だ。

都市の特徴に合わせて、ハイテク素材を用いてランナーが快適に走れるようにデザインされている。今後は、東京バージョンの展開も計画されているようだ。

・センサーでデータ収集

AM4はニューヨークのほかにパリ、ロンドンのバージョンがあり、ローカルランナーの足データを計測した上でセンサー入りのシューズをはいて走ってもらい、走りの特徴や、ランナーの好みなどを分析して作られている。足裏のどこに体重がかかるかなどセンサーが拾ったデータやパフォーマンスに加え、ユーザーの感想も反映している。

例えば、NYのランナーからは「(安全のための)反射材をつけてほしい」という要望があった。また、NYでランニングするとシューズが汚れやすいことから、色は黒を展開することになった。

・全自動工場で製造

消費者のニーズを汲み取り、デザインに反映させ、商品化するという工程は、従来はかなり時間を要していた。しかし、アディダスは2016年に全自動の工場を立ち上げ、これにより製造工程を大幅に短縮することに成功。今回のAM4 NYCもSpeedfactoryで製造されている。

AM4シリーズは現在NY、パリ、ロンドンの3バージョンで、NYバージョンの価格は200ドル(約2万2000円)。今後の展開としては東京、ロサンゼルス、上海バージョンが予定されているという。

Adidas

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。