体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

老舗カレー店が文化人に愛されるのには理由があった

老舗カレー店が文化人に愛されるのには理由があった

正直にいうと、棟方志功に詳しいわけではありません。坂口安吾も、シャンソン歌手の石井好子のことだって……。でも、みんな、“道”を極めた方たちだってことは、なんとなくわかります。

群馬県桐生市にある「芭蕉」は、彼らが常連だったほか、地元の文化人たちも愛し通ったお店。一体どんなお店なのか、気になりました。

半世紀ぶりに蘇った、
伝説の「ムナカタ壁画」

老舗カレー店が文化人に愛されるのには理由があった

まず最初にチェックしておきたいのは、「芭蕉」には、棟方志功が描いた壁画があるってこと。

「芭蕉」の創業は1937年(昭和12年)。
お店のデザインも手がけた、先代店主の小池魚心さんが棟方志功のファンだったそうで、お願いして描いてもらったのだそう。お二人の関係性としては友人の友人。念願叶って、お店に壁画が施されたのは1953年(昭和28年)のことでした。

ところが、魚心さん、

「このお店の雰囲気に合わない」

と、すぐに塗りつぶしてしまいました。
その後、二代目の決断によって壁画の発掘作業が行われたのは2008年(平成20年)のこと。約55年の時を経て、また、この世に蘇ったのでした。

……という、壮大なエピソードをもつお店だったんです!

雰囲気が
とにかくスゴイです。

老舗カレー店が文化人に愛されるのには理由があった

入口からちょっとびっくりします。
「レトロ」じゃ足りないくらい、一風変わった感じです。老舗カレー店が文化人に愛されるのには理由があった老舗カレー店が文化人に愛されるのには理由があった

見応えがあって、ここで結構な時間うろうろしていたのですが
いざ中に入ってみると……。

先ほどの棟方志功の壁画があり(場所は入り口から入ってすぐ右上。二階へ続く階段の途中部分が絶好の鑑賞スポット!)、老舗カレー店が文化人に愛されるのには理由があった 独特な個室のような空間に間仕切りされていて、老舗カレー店が文化人に愛されるのには理由があった 馬のコレクションやたくさんの絵馬が飾ってあり……。老舗カレー店が文化人に愛されるのには理由があった老舗カレー店が文化人に愛されるのには理由があった老舗カレー店が文化人に愛されるのには理由があった

こう、資料館とか博物館に来たかのような感覚になります。
魚心さんは民芸品の収集などもされていた方なんだそうです。

お店にはいくつかルールも掲げてありました。老舗カレー店が文化人に愛されるのには理由があった

思わず笑ってしまったのは、

この銅羅を叩いてください

老舗カレー店が文化人に愛されるのには理由があった老舗カレー店が文化人に愛されるのには理由があった
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。