体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

猫用賃貸遠征レポート−feles番外編

今回は遠征レポートです。杜の都、仙台で今、猫大好き男性たちが造る「猫共生物件」が非常にアツい。felesにも来て頂いたご縁もあって、物件できたら必ず行くと約束しており、この度、晴れて訪問することができました。

3月に完成した猫共生型賃貸住宅「Les Chatons レ・シャトン(フランス語で子猫)」を中心にお送りします。

外観~その発想はなかった!

私にとっては初めての仙台。不動産オーナー目線で言うと、意外と起伏がある土地。「レ・シャトン」もちょっとだけ高い土地にありますが、これが功を奏して景観も良いし、1Fでも周囲の視線は気にならない(感覚的には2F)。

訪問した日はあいにくの曇り空(+寒い)でしたが、ほんのり柔らかいベージュオレンジの外観とオシャレな看板が温かく迎えてくれました。外観のこだわりを聞いたところ、「みかん(はぁと)」。レ・シャトンのオーナー石森さんの愛猫さんの名前が返ってきました。みかんのちゃんの毛色がオレンジ系×クリーム色なんだとか。

ちなみにこの後訪問した別の物件「シャノワール北山」でも、外観はやっぱりオーナー千葉さんの愛猫キジトラのアズちゃんをイメージしたカラーリング。「あー、いーなー。私、その発想はなかったわー、でもうちはサビ柄だからどの道難しいわー」と、同じ猫共生物件オーナーとしては思ってしまうのです。

内装

玄関は、入った時にパッと明るく和む桜色の壁紙。そして猫脱走対策扉と言えばこれ、felesでも採用している「にゃんがーど」が迎えてくれます。

眺めも陽当たりも最高のダイニング。


ベッドルームにある猫トイレスペースの上は、大容量の収納付き。そしてキャットステップから続く窓辺は、猫がゆったり外を眺められるよう棚が設えてあります。


お部屋にはお洒落なスポットライトタイプの照明。



ベランダこそないけれど、浴室乾燥機+室内物干し付(収納機能あり!)で、生活導線もよし。そしてドア内側には鏡付き、宅配ボックスに、大き目のポスト。

1 2次のページ
にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。