体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

香取慎吾による作品制作メイキング動画「#香港慎吾アート」公開! フリーハンドで大胆に描いたものとは

香取慎吾による作品制作メイキング動画「#香港慎吾アート」公開! フリーハンドで大胆に描いたものとは

 香取慎吾による初のストリートアート作品のメイキングシーンを含む、香港政府観光局のプロモーション映像「#香港慎吾アート」が公開された(https://youtu.be/UbA2uZjB2U4)。

動画「#香港慎吾アート」&画像

 毎年3月、香港では「香港アートマンス」として、【アート・バーゼル香港】をはじめ多くのイベントが開催されている。香取は2017年にテレビの撮影で、ストリート・アートが盛んな「オールド・タウン・セントラル」エリアを訪問。これをきっかけに、香港政府観光局が今回の作品制作を依頼し、実現した。

 今回、香取が絵を描いたのは、香港島の世界で最も長いエスカレーター「ミッド・レベル・エスカレーター」の壁面。人通りが多い中心部だったため、パーティションで覆われた限られた空間の中、3月24日~27日深夜から早朝にかけての計18時間という限られた時間で、制作は行われた。

 香取は映画の撮影で香港を訪れた20年前より、広東語で「大口仔(大きなお口の男の子)」という愛称で親しまれてきたとあり、その20年後、龍になって香港に戻ってきた、という意味を込めて絵を描いたとのこと。作品には龍のほか、香港の夜景や東京タワーをはじめとした多様なモチーフが、香港と日本が繋がっているイメージで大胆かつ細やかに描かれた。また、作品そのものがSNS映えをするだけではなく、作品の前で撮影した写真をSNSでシェアして多くの方に作品を知って欲しいという願いから、「#香港慎吾アート」「#hkshingoart」の2つのハッシュタグもモチーフとして描かれている。

 プロモーション映像は、高4.5メートル、幅6メートル以上ある壁に、フリーハンドで大胆に描いていくアーティスト香取の躍動と、香港の街が一体化するように展開していく。

関連記事リンク(外部サイト)

香取慎吾&草なぎ剛 新ユニット“SingTuyo”初楽曲がキャノンTVCMで解禁! メイキングムービーも公開
稲垣吾郎/草なぎ剛/香取慎吾がパラスポーツ応援ソングを初披露!「いまの僕らの心情にもぴたりと合っている」
新しい地図(稲垣吾郎/草なぎ剛/香取慎吾)パラスポーツ応援チャリティーソング「雨あがりのステップ」配信スタート! ミュージックビデオも公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。