体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

〈ボロフェスタ2018〉&〈ナノボロフェスタ2018〉開催決定

〈ボロフェスタ2018〉&〈ナノボロフェスタ2018〉開催決定

京都の音楽フェスティバル〈ボロフェスタ〉及び〈ナノボロフェスタ〉が今年も開催されることが発表された。

〈ボロフェスタ〉とは、2002年より続く、京都のミュージック・フェスティバル。

知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキング。100人以上のボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、京都を代表するインディ・フェス。そして、〈ナノボロフェスタ〉とは、10月のボロフェスタ本編に先駆けて、開催される夏のボロフェスタ。2007年よりスタート、地元関西のアーティストを主にブッキングして行われている。京都livehouse nanoを中心に会場を複数使用する、最初規模のサーキット・フェスでありながら最大のパーティ・フェス。

両フェスの開催にあたり、主催者からは以下のようなメッセージが届いている。

——————————————————————————–

【ボロフェスタ2018年開催によせて】

ボロフェスタは、2002年の春、烏丸三条のスターバックスで始まりました。

「フェス」についてはフジロックに遊びに行ったことがあるだけ、お金もノウハウもなく、志だけは誰にも負けないつもりのミュージシャンたちが4人、馬鹿げた夢と野心を好き勝手に語り合い、ぶつけ合い、風呂敷を広げるだけ広げたその中から生まれたフェスです。DIYフェスの黎明期、試行錯誤を繰り返し、各地で立ち上がり始めた熱意あるオーガナイザーたちと共闘しながら、長くて険しい、そして喜びに満ちた‐フェス道に、わたしたちは足を踏み入れたというわけです。

あれから16年。かつて「日本一狂った」と名乗っていたこともあるボロフェスタを今あらためて振り返るにつけ、私たちが誇れることがひとつあります。それは、どんな混沌、どんな喧噪の中においても、自分たちの「良心」を失わなかったということ。自分たちの見たい「景色」に正直であり続けてきたということです。

わたしたちの「音楽が好き」と、あなたたちの「音楽が好き」をつなげたい。
人の数だけある「音楽が好き」を、広げ、深め、混ぜ合わせる場を作りたい。
あらゆる音楽(表現のかたちは違っていても)に存在するはずの「よさ」を確かめ、知らなかった「よさ」に出会い、日常に戻ったあとも新しい「よさ」を探すきっかけとなる、そんな時間で会場を埋め尽くしたい。

16年かけて、新しい仲間もどんどん増えて、数多くの忘れがたい名場面を経て、それでも同じことを思い続けているということは―裏を返せば―まだその思いが叶っていないということなのかもしれません。まだ満足していないのか? と問われると、きっとわたしたちはこんな風に答えるでしょう―

わたしたちは、いつも「めっちゃええフェス」を作ってきたし、作り続けていきたい。でも、それは「めっちゃええフェスを」たえず超えていくことでもある。わたしたちの見たい景色は、まだ誰も見たことのない景色で、新しく生まれ続ける景色なのだ。

——————————————————————————–

各イベントの出演者、開演時間およびチケット詳細は後日発表となっている。どんなアーティストが出演するのか、期待しよう。(岡)

・〈ボロフェスタ2018〉オフィシャル・ウェブサイト
http://borofesta.jp

イベント情報
〈ボロフェスタ2018〉
日時:2018年10月26日(金)、27日(土)、28日(日)
場所:26日(金) 、27日(土)、28日(日)@京都KBSホール
28日(土) vol.夜露死苦@京都METRO

〈ナノボロフェスタ2018〉
日時 : 2018年8月25日(土)、26日(日)
場所 : Livehouse nano …and more!!!

※各イベントの出演者、開演時間およびチケット詳細は後日発表致します。

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。