体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秦 基博「ひまわりの約束」が史上最多となる150週チャートイン

秦 基博「ひまわりの約束」が史上最多となる150週チャートイン

 2014年にリリースされた秦 基博のシングルで、今では彼の代表曲として知られる「ひまわりの約束」が、その人気を証明する記録を打ち立てた。

 CDセールスやダウンロード、ストリーミング回数はもちろん、ラジオ・オンエアや動画再生回数、SNS上でのツイート数なども組み合わせたビルボードジャパン総合ソング・チャート“JAPAN HOT100”に、2014年8月11日付で初登場した「ひまわりの約束」。今週発表された2018年4月30日付の最新チャートでは92位を獲得し、通算150週目となるチャートインを果たした。これは、同チャート史上最多となる記録を更新し続けている形だ。

 「ひまわりの約束」は、秦が2014年8月6日にリリースした楽曲で、2014年8月に公開され、『第38回日本アカデミー賞』最優秀アニメーション作品賞も受賞した映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌として書き下ろされたもの。ドラえもんとのび太の関係を自身らの日常に置きかえ、大切な人と共にある日々の尊さを歌ったバラードだ。

 「ひまわりの約束」は、リリース前の2014年8月11日付チャートにおいて、ラジオ・オンエアとツイート数のみで91位を獲得。翌週、CD発売と音源配信を解禁した同曲は、セールス2位をマーク。そのほかラジオ・オンエア6位、ルックアップ(PCでのCD読み取り回数)33位、ツイート数18位で総合順位は2位に。以降も3位→4位→3位→5位→7位と上位を堅守し、6週連続でトップ10内を維持してみせた。中でもセールスの根強さは特筆すべきで、リリース週から10週にわたりこの部門でトップ10内に入っている。日本レコード協会は、2016年11月度の有料音楽配信認定作品として、この曲をミリオン認定すると発表した。

 映画を鑑賞していなくとも、秦の音楽に馴染みがなかったとしても、この「ひまわりの約束」はきっとどこかで耳にしたことがあるはず。映画主題歌として話題になった以降も、CMソングとして起用され、音楽番組で紹介され、さらには卒業式や結婚式といった行事でも歌われるなど、実に幅広いシチュエーションでスポットを浴びてきた名曲だ。来る5月2日には、秦の自主レーベル“HOBBYLESS RECORDS”より7インチEP盤としてリリースされることも決まっている。ドラえもんが国民的アニメキャラクターとして何十年も親しまれているように、この「ひまわりの約束」も今後長きにわたって愛されていくに違いない。

◎リリース情報
秦 基博『ひまわりの約束』
アナログ7インチEP ※2000枚限定生産
2018/05/02 RELEASE
HBL001 / 1,800円(tax in.)
<収録曲>
SIDE-A:ひまわりの約束
SIDE-B:ひまわりの約束(弾き語りVersion)

関連記事リンク(外部サイト)

秦 基博、貴重な未公開ライブ映像を収録した『GREEN MIND』プレミアムボックス発売決定
秦 基博 台湾・高雄の公開収録イベントで「ひまわりの約束」など弾き語り
秦 基博「ひまわりの約束」 伊藤淳史がカバー!「こんな経験一生できないです。」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。