体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

魚が衝撃的に旨くてコスパがいい、愛媛の夜

魚が衝撃的に旨くてコスパがいい、愛媛の夜

「魚のまち」へ旅行したら、日帰りではなく1泊はしていきたい。というのは、常に思っているんです。

もちろんランチに海鮮丼とお刺身定食も食べたりするんですが、魚を肴にやる一杯は最高だと思うんです。それは愛媛県にある、西日本でも有数の港町「八幡浜の夜」も、しかり。

地元の人も通う、おいしくてコスパのいいお店に繰り出してみました。

噛みながら笑っちゃうお刺身
「美食遊膳 空(そら)」

予約しておかないとなかなか入れないんですよ〜、と地元の人。新鮮な魚を食べ慣れている八幡浜の人たちでさえ「おいしい魚が食べたいなら、空かな」というほどです。

しかも、ほとんどが500〜800円。改めて、ローカルのポテンシャルの高さを感じつつ、これぞ八幡浜っていうメニューを中心に注文してみました。魚が衝撃的に旨くてコスパがいい、愛媛の夜

絶対に食べてほしいのが、鮮度バツグンすぎる地魚のお刺身。この日はブリをいただきました。仕入れ状況によって並ぶ魚種は変わりますが、身の締まり具合と、ねっとりとした食感にビックリ。……うんま。

思わず、噛んでて笑っちゃうお刺身でした。魚が衝撃的に旨くてコスパがいい、愛媛の夜

じゃこ天、皮ちくわ、けずりかまぼこ、の「練りもの3点セット」は、味の密度にやられます。八幡浜の魚のうまみが全部詰まってるワケですから。

奥に見えるピンクのものが「けずりかまぼこ」で、文字通りかまぼこを乾燥させて削ったもの。市販で買っても30gで400円くらいする、実はとっても高級品なのです。つくるのに手間暇かかりますもんね。魚が衝撃的に旨くてコスパがいい、愛媛の夜 八幡浜の居酒屋では定番なのだそうな「親鶏の足」。ビールが進みます。魚が衝撃的に旨くてコスパがいい、愛媛の夜

甘辛のチリソースがクセになる「生春巻き」は、空の人気メニューのひとつ。どれを食べても、大将の丁寧な仕事ぶりが感じられます。

ピザもおいしいという話を聞いたときには、すでにお腹いっぱいで断念。また来ます!魚が衝撃的に旨くてコスパがいい、愛媛の夜魚が衝撃的に旨くてコスパがいい、愛媛の夜

「美食遊膳 空」

住所:愛媛県八幡浜市57 岩木屋ビル2F
TEL:0894-23-2064
営業時間:17:30〜23:30
定休日:水曜日


東京だったら3倍はする
ふぐのフルコース「たる源」

次にやってきたのは居酒屋ではなく、割烹小料理屋の「たる源」。

事前に調べようとしたところ、口コミサイトでもほぼ情報がなく、もう地元の人の声だけを信じました。

「たる源なら、東京じゃ考えられないくらいの値段で、最高の天然物のふぐのフルコースが食べれるよ」

なんと! さすが八幡浜。

結論から言うと、ふぐ刺しから唐揚げ、ふぐ鍋、ひれ酒、〆の雑炊まで、お腹が破裂するんじゃないかなっていうくらいまで食べまくって、1人6000円だったんです。これ、東京で食べたら2万近くすると思うんですよね……。魚が衝撃的に旨くてコスパがいい、愛媛の夜 大皿にのった鮮度バツグンの「ふぐ刺し」。これで2人分なんて、信じられます? 取り合いでケンカになるどころか、何度でも箸でゴソッっといけます。魚が衝撃的に旨くてコスパがいい、愛媛の夜 「ふぐの唐揚げ」は、とにかく香ばしい。魚が衝撃的に旨くてコスパがいい、愛媛の夜 こちらはコース外ですが、ヒレの部分を炙って熱燗に入れた「ひれ酒」。香りがタマラン〜。魚が衝撃的に旨くてコスパがいい、愛媛の夜魚が衝撃的に旨くてコスパがいい、愛媛の夜

ふぐ鍋からの雑炊。もう何も言うことはありません。うまさを語ると野暮になる、っていうやつです。

ふぐと言えば、山口県下関のイメージが強いかもしれませんが、愛媛県の八幡浜で食べる「ふぐ」のおいしさとコスパの良さと言ったら、ちょっと衝撃的でした。お会計の心配をせずに、お腹いっぱいに極上の「ふぐ」を楽しみたい方は、ぜひ。魚が衝撃的に旨くてコスパがいい、愛媛の夜

「たる源」

住所:愛媛県八幡浜市仲之町390
TEL:0894-24-0458
営業時間:17:00~22:00
定休日:日曜日

Photo by JAPAN LOCAL取材協力: 八幡浜市

関連記事リンク(外部サイト)

戦後日本の魚事情を支えた「トロール」ってなんだ?
創業102年の酒蔵が本気でつくった、極上の「みかんリキュール」
「未来の魚は、コレになるかも」スーパー加工食品、じゃこ天の秘密

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。