体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この街に住みたい! とすら思った「ビーチ乗馬」体験

この街に住みたい! とすら思った「ビーチ乗馬」体験

いつかやってみたいことリストのひとつに「ビーチ乗馬」を追加したのは、大学2年生の頃。友達とどこかで遊ぼうと思い調べていた時に、千葉の館山でビーチ乗馬ができることを知りました。けど、2万円近い体験料に手が届かず、泣く泣くあきらめ、なんとなく数年が経っていました。

だから、今回、宗像市で「ビーチ乗馬」ができると知ったとき、やるしかない!と本能的に思いました。

……ということで、
ビーチ乗馬へ行ってきます!

この街に住みたい! とすら思った「ビーチ乗馬」体験

宗像市でビーチ乗馬体験ができるのは「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」
特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場入りしました。

2階が受付になっていて、そこで10分くらい流れを聞いたところで、
「では、行きましょうか」って。「え、もうですか!?」って。この街に住みたい! とすら思った「ビーチ乗馬」体験

で、ヘルメットを着用して外の練習場へ。

今回教えてくれたのは中山さん。
お世話になった馬はフィリーさん。
(元はジャンプなどの競技で活躍した馬、趣味は道草)
人の言葉もなんとなく理解している、ベテランのおじいちゃんだそうです。

見ていただけるとわかるように、馬の背中は、私の目線(157cmちょい)より高いです。ちなみに私はちょっとだけ高所恐怖症です。この街に住みたい! とすら思った「ビーチ乗馬」体験

まずは様子見。
中山さんの動作を観察しながら、「右足で2回トントンと蹴ったら進む」とか「止まりたいときは手綱を手前に引く」とか、そういった類の基礎的な動作を教えてもらいます。

レクチャータイムもつかの間、「では乗ってみましょうか」と。
「え、もう!?」でしたが、ここで重要なことを学びます。

ビクビクしてはいけないんだそうです。
これは、フィリーさんがベテランがゆえ、というのもあるらしいのですが、素人感を感じとられてしまうと、馬が言うことを聞かないんだとか。

これ、乗った瞬間から見極めが始まるそうです(笑)。この街に住みたい! とすら思った「ビーチ乗馬」体験この街に住みたい! とすら思った「ビーチ乗馬」体験

とりあえず、身動き取れる状態ではなかったんですが、場内をぐるぐる。
習った基本動作を混ぜながら、ちょっとずつ独り立ち。この街に住みたい! とすら思った「ビーチ乗馬」体験

ここから先は、もう。

乗馬を楽しむのみ!

相変わらずこわばってはいますが……。
いざ公道に出ます!この街に住みたい! とすら思った「ビーチ乗馬」体験この街に住みたい! とすら思った「ビーチ乗馬」体験この街に住みたい! とすら思った「ビーチ乗馬」体験

ベテランのフィリーさんは、車の音も横断歩道もなんのその!
もちろん車や道ゆく人とすれ違うのですが、この辺りの方々は、なんだか馬が公道を歩く光景に慣れているようでした。
「こんにちは〜!」って、手を振ってくれたりして。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。