体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海上保安庁が大型ヘリコプターH225を5機追加発注

海上保安庁が大型ヘリコプターH225を5機追加発注

 海上保安庁は、新たに大型ヘリコプターとして、H225シュペルピューマMk.II+を5機追加導入することになりました。2018年4月25日(ヨーロッパ中央時間)、受注したエアバスヘリコプター社が発表しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 H225は、AS332シュペルピューマをアップグレードしたエアバスの最新鋭大型ヘリコプター。2人のパイロットのほか最大19人の人員が輸送でき、海上保安庁でもすでに5機導入されており、AS332を含めると計8機が活躍しています。また、陸上自衛隊でも要人(VIP)輸送ヘリコプターとして、木更津駐屯地の特別輸送ヘリコプター隊で3機が運用されています。

 最大で5.4トンの物資が搭載でき、4.75トンの機外吊り下げ能力もあるため、災害時の物資輸送能力も高く、また最大航続距離も1000km余りあり、より広範囲で活動が可能です。捜索救難用途はもちろんのこと、最新のデジタル機器と自動操縦装置を搭載しているため、領海侵犯の監視においても長時間の哨戒飛行ができます。

 今回の追加発注で、海上保安庁のAS332、H225の総数は13機となり、日本では最大のユーザーとなります。現在日本で運用されているシュペルピューマ(AS332・EC225・H225)は全部で21機なので、海上保安庁が過半数を占めます。それだけこの機種を重用していることが判ります。

 追加発注された5機のH225は、2021年までに全機納入される予定です。

情報提供:Airbus Helicopters

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

【レッドブル・エアレース】第2戦カンヌ大会・ホール595日ぶりの勝利・室屋は4位でランキング3位に後退
アメリカ空軍サンダーバーズが飛行訓練を再開
【レッドブル・エアレース】史上初めてのフランス開催・カンヌ大会開幕

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。