体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Mavic Airユーザーに朗報!Android版「Litchi」がMavic Airに対応し、ウェイポイントフライト等が可能に

DJI の最新ドローン「Mavic Air」のユーザーさんに朗報です! DJI ドローンに様々な自動フライトをさせることのできる DJI Go 4 代替アプリ「Litchi」の Android 版が Mavic Air に正式対応しました。
Litchi が Mavic Air に対応したことで、DJI Go 4 アプリでは提供されていない「ウェイポイント」フライトを実行できるようになりました。
つまり、Mavic Air に複数の地点間を自動的に飛行させることができるということです。
Litchi のウェイポイント機能では、事前にミッションを作成・保存したり、高度や速度、滞在時間を設定することの他、ジンバルの角度を設定して移動させたり、個別に POI を置いてそこにカメラをフォーカスさせながら地点間を飛行させることもできます。
Litchiではまた、通常のマニュアルフライト時であっても地図に置いた POI の方向にカメラを固定した状態で飛行するフォーカス機能や、ポイントオブインタレストのオービット飛行でも地図にピンを立ててその周囲を旋回させることもできるなど、DJI Go 4 アプリには無い機能を利用できます。
Litchi」(Google Play)※有料アプリです。

■関連記事
Google、リニューアルしたGmailのWEB版を公開開始
Sony Mobile、オープンイヤーテクノロジーを活用した新型有線ヘッドセット「Open-ear Stereo Headset STH40D」を発表
Android Pのスクリーンショットは通知から直接編集したり、トリミングや書き込みも可能に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。