体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【同棲経験者400人に聞いた!】二人暮らしの間取りや設備、家賃などの失敗例を徹底分析

同棲経験者が激白! 住んで後悔した二人暮らしの部屋とは?

「大好きな人とずっと一緒にいたい」
「二人とも仕事を持っているのでなかなか会う機会がつくれない」
「お試しで同居してみないと結婚には踏み切れない」

さまざまな理由から、同棲を始めることを選ぶカップルは増えている。

せっかく一緒に暮らすからには二人が納得のいく新居を探したいものだが、実際には「こんな部屋、選ぶんじゃなかった」と後悔するカップルも少なくないようだ。

そこで、同棲経験のある男女400人を対象にCHINTAIが実施したアンケート結果から、「もし、部屋を決め直せるのならココを決め直したい!」をテーマに、後悔しない部屋探しのヒントを探ってみよう。【ココを決め直したい!①】間取り編後悔しない間取り選び。ポイントはずばり「プライベートの確保」|【同棲経験者400人に聞いた!】二人暮らしの間取りや設備、家賃などの失敗例や後悔したポイントを大公開

後悔しない間取り選び。ポイントはずばり「プライベートの確保」間取り選びの失敗例①:プライベートが確保できない

安かったので狭い部屋にしてしまったが、ケンカした時など部屋が広い方が一人の空間に浸れてよかった(新潟県 30歳・女性)

お互いのプライベートを確保するため2LDKを選ぶべきだった(愛媛県 39歳・男性)

間取りに関して男女ともに多かったのが、「プライベートな空間が必要だった」と反省する声。二人がずっと一緒に過ごしていれば、関係が良好な時ばかりとは限らず、ケンカをしたり「いまは顔を見たくない!」と思ったりすることもあるだろう。不測の事態(?)に備えて、一人になれる空間があるかどうかを事前確認しておくと良さそうだ。間取り選びの失敗例②:広すぎて持て余した

3LDKを契約したが、2人暮らしにはそんなに広くなくてよかった(兵庫県 27歳・女性)

ファミリー向けの物件で掃除が大変だった(北海道 37歳・女性)

広すぎると光熱費がかかる(兵庫県 31歳・男性)

このように「広い部屋を持て余す」というケースもある。必要以上に広い部屋では、掃除などの家事負担や冷暖房などの光熱費がかさむ場合も。少しでもおカネを残したい婚前生活にとって少なからずデメリットになってしまうだろう。

お互いに適度な距離を保てるスペースは確保しつつ、広さや部屋数を欲張らない! これが、快適な同棲生活のポイントになりそうだ。【ココを決め直したい!②】住宅設備編いざ二人暮らしをスタートしたら、水まわり設備への“後悔の声”が多数!|【同棲経験者400人に聞いた!】二人暮らしの間取りや設備、家賃などの失敗例や後悔したポイントを大公開

いざ二人暮らしをスタートしたら、水まわり設備への“後悔の声”が多数!

住宅設備で多くのカップルが後悔したところが、キッチン、風呂・トイレ、収納スペースの3ヵ所。その理由は以下の通り。設備選びの失敗例①:キッチン

調理するところの広さ。洗い物のかごを置いたらまな板一枚の他は何も置けるスペースがなかった(千葉県 32歳・女性)

コンロは2口以上。外食が多かったが、いざ家で食事となると1口コンロで全く料理が進まずイライラした(千葉県 31歳・女性)

台所の広さ。二人並んで料理をしたかったから(福岡県 29歳・女性)

まずはキッチンに関する後悔。このように、特に女性からの後悔の声が多かった。

二人で暮らすからには、手料理を作って食卓を囲むことを夢見るカップルは多いだろう。同棲生活を始めたらどの程度自炊するかなど、二人の生活スタイルをよく考えて選びたいところだ。設備選びの失敗例②:風呂・トイレ

3点ユニットバスは不便だったし、衛生的に気になる(大阪府 30歳・女性 ほか)

女性は化粧など独立した洗面台が必須ということに後から気付いた(福岡県 31歳・男性)

このように、セパレートにすれば良かったという声が多数。水まわりがコンパクトにまとまった3点ユニットバスは、部屋のスペースを有効利用できるメリットがある一方、相手がトイレを使っていれば、バスや洗面の使用をガマンしなければならないし、換気が良くない場合はトイレ後のニオイが気になることも……。一人暮らしではないからこそ、お互いの意向を考慮する必要がありそう。

1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。