体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DIYの達人に聞いた!築45年の古民家賃貸を住みやすくおしゃれにアレンジするコツ

自分らしい住まいをつくりやすい! 古民家賃貸の魅力とは?

自分らしさがあふれる住まいに暮らしたい、部屋を自由にアレンジしたい――。今、住まいにも個性を求める人の間で密かなブームになっている古民家暮らし。

古民家には最新のマンションなどにはない懐かしさと温かさがあり、日本の伝統的な間取りが家族団らんに適していると考える人もいる。また、築年数が経っていることから、自由に改装することが認められているケースも少なくない。

今回は兵庫県で古民家の賃貸物件をDIYしたおユキさんに、古民家の魅力やDIYでおしゃれかつ住みやすくする部屋作りのポイントを教えてもらった。
日当たりの悪さをDIYで解消し、光が入りやすくなったリビングでグリーンを楽しむおユキさん|DIYの達人に聞いた!築45年の古民家賃貸を住みやすくおしゃれにアレンジするコツ

日当たりの悪さをDIYで解消し、光が入りやすくなったリビングでグリーンを楽しむおユキさんプロフィール

名前:おユキさん
職業:会社員
instagram:@atelier.oyuki_t
居住形態:2人プロフィールルームデータ

所在地:兵庫県赤穂市
家賃:5万円
間取り:5SLDK
築年数:45年
建物:木造2階建て最初は乗り気ではなかった古民家暮らし

結婚後、兵庫県のマンションに暮らしていたおユキさんご夫婦。ご主人は海外出張で留守が多く、丁度ご主人と離れて暮らしている時、親戚からおユキさんにこんな相談があった。

「赤穂で古民家物件を管理しているんだけど、しばらく入居者がいないので住んでくれない?」

引っ越せば、買い物や通勤などの面で今暮らしているマンションよりも不便になってしまう。おユキさんは乗り気ではなかったが、ご主人に電話で相談したところ「親戚が喜ぶならええやん!」という答えが。

ご主人に背中を押されたことでおユキさんも「自由に内装を変えていいなら、住んでもいいかな」と思うようになり、4年前に引っ越した。壁紙を変えて、部屋を明るく!

古民家ならではの懐かしさにあこがれる人も増えているが、おユキさんはどちらかというと古民家暮らしに消極的だった。引っ越し当初は「家全体が暗くてまるでお化け屋敷みたいで怖かったし、しばらくこの家で暮らすのが憂鬱で仕方なかった」という。

でも引っ越してしまった以上はこの家を快適にするしかない。

そこで手始めに部屋の壁紙を自分で変えることに。すると家の中が以前よりも明るくなり、憂鬱だったおユキさんの気分も晴れてきた。そして「次はここをこういう風にアレンジしよう」「こうしたらもっと便利になる」というアイデアがどんどん浮かんできたそうだ。

実はおユキさんのお父様は建具職人。子どもの頃から工具を借りて端材で工作するのが好きだったという。中学時代は砂壁の和室だった部屋を自分で洋風に改装し、部屋の半分に小上がりをつくるまでに。家全体が古くて暗い古民家に移り住むことになり、建具職人の娘の血が騒いでしまったのかもしれない。部屋ごとにテーマを決めて、セルフリノベーション

柱や窓など、もともとの古民家らしさは残しつつも、DIYで個性を表現しているおユキさんの住まい。ここでそれぞれの部屋のテーマを紹介しよう。リビングはネオ古民家風に古民家の持ち味はそのままに、どこか現代的なリビング。おユキさんは「ネオ古民家風」と表現してくれた|DIYの達人に聞いた!築45年の古民家賃貸を住みやすくおしゃれにアレンジするコツ

古民家の持ち味はそのままに、どこか現代的なリビング。おユキさんは「ネオ古民家風」と表現してくれた

新しさを感じる古民家にしたかったというおユキさん。壁紙を張り替えて明るくきれいな印象が出るように改装。写真左側にある押入はPCを置いて作業机の代わりにすることで、部屋を広く使えるようにしている。
お手製のドレッサー。なんと足踏みミシンをリメイクしたもの|DIYの達人に聞いた!築45年の古民家賃貸を住みやすくおしゃれにアレンジするコツ

1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。