体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仲人さん紹介のお見合いを断ったら…… 人の闇の深さを知った20代の日 by 肉子

仲人さん紹介のお見合いを断ったら…… 人の闇の深さを知った20代の日 by 肉子

こんにちは、肉子です。

わたしが初めてお見合いをしたのは23歳の時でした。

早くない?とよく言われるのですが、アラフォーになった今になって思うと、気難しい23の娘を婚活市場に放り込んだ親の気持ちがよく分かります。

色々と難がありすぎて、若いうちに手を打っておかないとマズいことになる的な焦りというか。

それを皮切りに、足掛け6年のお見合いライフを送るのですが、最初のうちは仲人さん経由がメインでした。

そこで、どうしても忘れられない仲人さんがいました。

※以下、割と特殊なケースなのでフェイク入れてます。

その仲人さんは、母の友人でした。毎年、一緒に海外旅行に行くほど仲が良かったです。

最初にこちらの希望を聞かれたので、当時のわたしは

「歳が近くて、ルックスが平均点ぐらいある人。メガネかけてない人」

と答えました。頭の中身が平均点以下の言いぐさですが、まだ若かったのでご勘弁ください。

実際に会ってみたら…10歳年上。メガネかけてるし。太め…

こういうの、お見合いあるあるだと思うのですが敢えて言いたい。

なぜ、こちらの希望を聞いたの…???

会って話してもピンと来ないのでお断り――したかったのですが、仲人さんに頑なに止められました。

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180423112513j:plain

これも、お見合いあるある。「会うだけ会ってみて」からの断われないトラップ。

しかも母の友人なので、結婚情報サービスでのお見合いのようにビジネスライクに言えないんだよねー…

イヤイヤ会うなんてお相手の男性にも失礼なのですが、男性側も気乗りしていなくて仲人さんに強く交際継続を勧められていたそうです。

つまり、双方がイヤイヤ会っていたという超絶不毛な交際。

こうして、二人の人間の貴重な時間がドブに捨てられていったのでした。

3か月ぐらいでお互いに完全に心が折れたので、晴れてお断りとなりました。

数年後に母が亡くなり、その仲人さんとも会うことは無くなりました。

父と話していたときに何かのきっかけで仲人さんの話題になり、衝撃の事実を知ったのでした。

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180423112615j:plain

うぉ~…

知りたくなかったことを知ってしまった。

当事者から聞いた話ではないので、深い事情が色々とあるかもしれませんが、お見合い→結婚→成田離婚というスピード展開は紛れもない事実だそうです。

彼女は、自分がお見合いで成田離婚した過去があるのに、わたしや相手の男性を強引にくっつけようと(?)していたのか……なんだそれ。

なんで仲人やろうと思ったんだろう。考えるほどに闇が深いんですけど。

絶対に「忘れてました☆彡」で済まないような過去なのにねー。

一番の謎は、例のお見合いの時点で母親はもちろん元気に生きてて仲人さんの成田離婚の過去も絶対に知っていたはずなのに、わたしに何も言わなかったどころか

「数回会っただけじゃ分からないから、すぐ断っちゃダメ。後悔しても遅いよ」

などと言っていました。どないせいと?

考えるほどに、若くても歳をとっても女同士って業が深いよな…と背筋が寒くなるのでした。 前回の記事:お見合い釣書の地雷趣味あるある「海外旅行」でエライ目に遭った件 by 肉子

1 2次のページ
ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。