体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おしゃれなスタイも一瞬でベッチョベチョ! よだれがすごい我が子たち

f:id:akasuguope01:20180220201417j:plain

我が家には3人の子どもがいます。3人とも性格も好みも全く違うので、毎日、家の中は大変なことに……。

そんな三者三様の我が子たちですが、「赤ちゃんの頃、よだれがすごかった」という点は一緒でした。周りは比較的よだれが少ない子が多かったのもあり、よけい多いように感じた部分があるかもしれません。そんな我が子たちのよだれエピソード(?)を紹介していきたいと思います。

3人とも、よだれが出始めたのは生後2ヶ月の頃でした。ただ、第二子と第三子のときは、生後1ヶ月くらいまではあまりよだれが出ていなかったので「あれ? この子はあまりよだれが出ない子なのかも」と思ったのもつかの間、生後2ヶ月になった頃には、大量のよだれが出始めたのです。

親からしたら「よだれが出ているのも、赤ちゃんらしくてかわいらしい気がする」なんてのんきに思えますが、だっこすれば服にもついてしまうほど。

もしかしたら不快に思う人もいるかもしれないので、夫以外の人にだっこしてもらうときは、あらかじめよだれを拭くこと、そして「よだれがついてしまうかもしれないこと」を伝えるようにしていました。

1時間に1度はスタイを変えなければならないペースのうえ、スタイだけでは抑えきれず、服にまで染み込んでしまうほどの量だったよだれ。防水加工された、お食事用のスタイをつけることもありました。そのため、我が家には20枚くらいの大量のスタイがあったのですが、どれも毎日フル稼働です。 関連記事:よだれを垂らす子、ほとんど垂らさない子。きょうだいでもこんなに個人差が

どうせたくさん使うなら、使うのが楽しくなるようなスタイを買おう! とかわいいスタイ、おしゃれなスタイなどをさがしまわっていた私。着せる服もスタイとのコーディネートを重視して、シンプルなものにしました。スタイでおしゃれを楽しむのも悪くないなぁ~と思っていたのが懐かしいです。

しかし、よだれかぶれには悩まされました。元々皮膚が弱かったうえに、あまりのよだれの量に、口まわりだけでなく、ほっぺたまで真っ赤になり、かゆくてかきむしってしまっていました。そして、スタイをつけている部分も湿疹ができてしまうのです。

皮膚科に相談すると、やはりこまめによだれを拭いてあげる、スタイも濡れたらかえる、薬をしっかりとつけるしかないとのこと。今まで以上にスタイを交換するように意識したため、またまたおしゃれなスタイを買ってしまうほどでした。

我が子たちは結構よだれが長く続き、2歳過ぎまでスタイが必要でした。今もお気に入りのおしゃれなスタイは、何枚か思い出として残しています。 関連記事:スタイはいつから使う?離乳食開始直前と歯の生え始めによだれの量が増えてきた!

f:id:akasuguope01:20180127093527j:plain

著者:ゆめさい

年齢:34歳

子どもの年齢:9歳、7歳、2歳

元気いっぱいな3人の子どもたちにふりまわされている? ふりわましている? 3児の母です。「明日こそダイエット開始!」と「明日こそ優しく!」が口グセになり早●年……。日に日に「きれいで優しいママ」からは遠ざかっていますが、たくましい母ちゃん目指して日々精進しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

泣いて笑って表情豊かに。「脱・赤ちゃん」したばかりの1歳1ヶ月
母半泣きで途中退出したリトミックの体験会。落ち着きなく走り回っていた息子だったけれど… by ユーラシア
部屋で遊んでるはずの赤ちゃんがいない!ハイハイ期は目が離せない!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。