体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

四国に、日本一ブラックな商店街がありました。

四国に、日本一ブラックな商店街がありました。

シャッター商店街の話題は日本各地で聞くけれど、「ブラック商店街」というのはあまり聞いたことがない。

長時間労働? ハラスメント? 精神論?

八幡浜にあるこの商店街は、とにかく「黒い」んです。

ポストも黒いし
自販機も黒い

四国に、日本一ブラックな商店街がありました。

地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒づくめ」にすること。

シャッター通りのブラックさを逆手にとったかのようなこの取り組み、おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が協力(2018年1月現在)。八幡浜市内のブラックにまつわるグルメやスポットを70点以上掲載している「ブラックリスト」も、すでに第3弾まで改定されています。

通りには、黒い郵便ポストや、黒い自動販売機が……。四国に、日本一ブラックな商店街がありました。

黒だしちゃんぽんと
黒お好み焼き

四国に、日本一ブラックな商店街がありました。

ソウルフードの八幡浜ちゃんぽんも、黒くなっちゃいました。

商店街にある「愛花亭」で食べられるのは、イカスミを使った黒だしのスープ。サービスには黒ライスもついてきます。黒いちゃんぽんってどうなんだろう……と思いきや、魚介の風味が濃厚で、とてもおいしくいただきました。

麺の気分じゃないときは、黒いお好み焼きもどうぞ。四国に、日本一ブラックな商店街がありました。四国に、日本一ブラックな商店街がありました。四国に、日本一ブラックな商店街がありました。

柑黒まんじゅうと
黒豆のモンブラン

四国に、日本一ブラックな商店街がありました。

うすかわ饅頭で有名な、1897年(明治30年)創業の老舗和菓子屋さん「宮川菓子舗」も思った以上に真っ黒でした。

ブラックリストの殿堂入り商品でもある「柑黒まんじゅう」は、竹炭を練りこんだつくね芋の生地が、とにかくブラック。ただし中には、伊予柑の風味がする白あんが入っています。ブラック&ホワイト。

他には、黒豆をベースにしたモンブランも人気です。四国に、日本一ブラックな商店街がありました。四国に、日本一ブラックな商店街がありました。

黒い焼き飯

四国に、日本一ブラックな商店街がありました。

八幡浜ちゃんぽんの御三家とも言われる「イーグル」にあるのは、秘伝のタレを使った「黒い焼き飯」。

黒い学ラン

四国に、日本一ブラックな商店街がありました。

これは普通か……。

きっかけは
「黒湯温泉」

四国に、日本一ブラックな商店街がありました。

ここで紹介しているのは、ブラックリストのほんの一部。街を歩くと、黒いカルボナーラや黒いチーズケーキ、黒いにぎり寿司など、いたるところに魅力的な「ブラック」が隠されています。

中国・四国地方で初めて、黒湯(モール泉)を使った温泉としてオープンした「みなと湯」も、ブラックプロジェクトの大きなきっかけとなった存在。黒湯は、関東や北海道ではよく聞きますが、このエリアではとても珍しいそうです。

 

ブラック企業で働くことに疲れた方も、八幡浜の「ブラック」に触れたら、かなり癒されるんではないでしょうか。Photo by JAPAN LOCAL取材協力: 八幡浜市

関連記事リンク(外部サイト)

長崎ちゃんぽんとは違う、「白くない」八幡浜ちゃんぽんがうまい!
塩パンの生みの親にありがとう! 発祥の店は愛媛県にあった
創業102年の酒蔵が本気でつくった、極上の「みかんリキュール」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。