体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【同棲経験者400人に聞いた!】カップルが二人暮らしを始めるきっかけは何?

同棲を考えているカップル必見。同棲を始めるきっかけを調査!

ひと昔前はチョット後ろめたさがあった同棲も、最近では“結婚生活のトライアル”という前向きなイメージも強いのではないだろうか。実際に、結婚を見据えての倹約生活や、好きな人との絆が深まるルームシェア感覚で二人暮らしを始めるカップルだって増えている。

では、恋愛中の二人が同棲を始める理由やきっかけはどんなものだろう? CHINTAIが同棲経験のある男女400人を対象にアンケート調査を実施した。
世の中のカップルが二人暮らしを始めるきっかけは? | 【同棲経験者400人に聞いた!】カップルが二人暮らしを始めるきっかけは何?

世の中のカップルが二人暮らしを始めるきっかけは?Q1:同棲をする前の二人の住まいは?

まずは、「同棲をする前の二人の住まい」について聞いた。
同棲する前の二人の住まい。半数近く(47.5%)のカップルが「元々2人とも一人暮らし」という結果に| 【同棲経験者400人に聞いた!】カップルが二人暮らしを始めるきっかけは何?

同棲する前の二人の住まい。半数近く(47.5%)のカップルが「元々2人とも一人暮らし」という結果に

トップは「元々2人とも一人暮らし」(47.5%)。自由に生活スタイルを選びやすい環境にある二人だけに、家族や周囲に迷惑をかける心配も少なく、同棲を始めるハードルは比較的低め。互いが家事の大変さを経験しているため、二人暮らしになってもスムーズに家事が分担できる点もメリットかもしれない。

次の「元々男性側が一人暮らしで女性側が実家暮らし」(38.9%)は、女性側が実家を離れることになるため親への説明や説得が必要。男性側も、彼女だけでなく彼女の親にも“結婚の意志”を伝え、了承を得た上で二人暮らしを始めるケースもあり、まさに同棲が“結婚生活のお試し”になっていると考えられる。

こうなればイッキに「結婚」が現実味を帯びてくるので、今後の良好な家族関係のためにも、同棲を機に双方の親へ挨拶に行けると良いのではないだろうか。

ちなみに次いで多かった回答は「もともと女性側が一人暮らしで男性側が実家暮らし」(13.2%)となった。Q2:同棲を始めた理由は?

続いての質問は「同棲を始めた理由」を複数回答で聞いた。
同棲を始めた理由。「結婚を見据えて」という人が225人も! その他、「ただ一緒に暮らしたかった」が134人、「家賃や生活費を抑えて貯金するため」が58人などなど| 【同棲経験者400人に聞いた!】カップルが二人暮らしを始めるきっかけは何?

同棲を始めた理由。「結婚を見据えて」という人が225人も! その他、「ただ一緒に暮らしたかった」が134人、「家賃や生活費を抑えて貯金するため」が58人などなど

「結婚を見据えて」という二人の将来を見据えた回答が225人と圧倒的に多く、それを踏まえた上で、節約や貯金、家事負担の軽減といった結婚後の生活を視野に入れた現実的な回答が見られた。

一方、「ただ一緒に暮らしたかった」(134人)、「別々に暮らしているとなかなか会えないから」(56人)など、あふれる恋愛感情を抑えきれない(?)声も目立つ。

こうした恋愛ベースの同棲を望むのか、それとも現実的な“プレ結婚生活”を考えるのかで二人の暮らし方や金銭感覚は変わってくるもの。意識の微妙なズレが後に大きくならないように、このあたりは同棲を始める前にきちんと話し合って、互いの気持ちや方向性を確認しておきたい。

その他は「ほぼ半同棲のような生活をしていたから」(52人)、「住まいの更新をきっかけに」(51人)という順で多かった。Q3:同棲を始めるキッカケになったひと言は?

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。