体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ローカル感満載。マカオで必ず飲んでもらいたい「珍ドリンク」

ローカル感満載。マカオで必ず飲んでもらいたい「珍ドリンク」

 

初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!マカオで見つけたそんな不思議な飲み物を、先日に続いて紹介します。

杏仁霜
(アーモンドジュース)

ローカル感満載。マカオで必ず飲んでもらいたい「珍ドリンク」

名前で察しがついている人もいるでしょう。こちらはまるで杏仁豆腐な飲み物。マカオではポピュラーなようで、スーパーやコンビニでもペットボトルで販売されていました。

中華式の揚げパン「油条」とのセットは、個人的に、牛乳とカステラに引けを取らないくらいに最高のおやつ!

什果凍
(フルーツポンチ)

ローカル感満載。マカオで必ず飲んでもらいたい「珍ドリンク」

日本でいうフルーツポンチの、フルーツを減らしてしてシロップを増やしたような飲み物です。これだけは、誰もが想像した通りの味だと思います。

 

紅豆凍
(あずきミルク)

ローカル感満載。マカオで必ず飲んでもらいたい「珍ドリンク」

こちらは、甘〜いあずきにミルクをかけた飲み物。よく混ぜて飲むと、甘さが全体にまんべんなく広がります。

ただ、結構な量のあずきが入っていて、ストローを吸うたびにたくさん飛び込んてくるので、飲み物というか、もう食べ物と言った方が正解かも?

香濃奶茶
(ミルクティー)

ローカル感満載。マカオで必ず飲んでもらいたい「珍ドリンク」

「奶茶」とはミルクティーのこと。マカオでは、たいていの場合、シロップがすでに入った状態で出てくるそうです(香港も)。

写真は、セナド広場周辺のローカルなカフェで飲んだもの。シャリシャリの氷が入ったフローズンに近い口当たりで、どんな飲み物にも氷を入れてしまうわたし的にはプリティーグッド、でした。

桔仔水
(コウジジュース)

ローカル感満載。マカオで必ず飲んでもらいたい「珍ドリンク」

柑橘類の一種である柑桔(日本名はコウジ)のジュースです。茶色く濁った怪しい見た目から、最初は飲むのをためらうかもしれませんが、意外といけます。酸味の強い梅ジュースってところでしょうか。

 Licensed material used with permission by Kozai Mikako

関連記事リンク(外部サイト)

マカオで「珍ドリンク」を発見!
こっちが、マカオの本当の姿なのかもしれない
脳に直接アプローチ「飲んだ翌朝」のリカバードリンク

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。