体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

EXILE USA、TETSUYA、“夢の課外授業”で岩手県釜石の子どもたちにダンスレッスン

EXILE USA、TETSUYA、“夢の課外授業”で岩手県釜石の子どもたちにダンスレッスン

 東日本大震災で大きな被害を受けた東北の子どもたちに、元気と夢を届けたいという想いからスタートした【ダンスで日本を元気に!夢の課外授業 中学生Rising Sun Project 2018】。その開校式が2018年4月24日、岩手県釜石市立釜石東中学校にて行われ、EXILE USA、TETSUYAがサプライズで登場した。

EXILE USA&TETSUYA イベント写真(全20枚)

 USAとTETSUYAは本イベントにプロジェクトの立ち上げから関わっており、今年で7年目の開催。釜石での開催は2回目となった。TETUSYAは「まだまだ復興していない部分があると思いますが、7年経って元気になっている部分も今回たくさん見れました。みんなで復興に向けて力を合わせて頑張っているんだなと強く感じ、自分たちももっと頑張っていかなければ」と東北への想いを口にした。

 ダンスレッスンでは、全校生徒117名に復興支援曲でもあるEXILEの「Rising Sun」の振付を指導。また、お話しの授業では、夢についてのトークセッションが行われ、最後は子どもたちからサプライズプレゼントとして、2人にソーラン節が送られた。

 「Rising Sun」の振付指導を受けた子どもたちは、これから約3カ月間練習に励み、釜石東中学校がかつて校舎を構えていた地に建設中である「釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)」の8月の竣工イベントにて、ダンスパフォーマンスを披露する予定。USAは「日本で初めて行われるラクビーワールドカップの試合会場の一つとなるスタジアムで釜石の子どもたちと一緒に踊れることが本当に嬉しいことですし、このスタジアムでたくさんの笑顔が生まれるようにみんなと一緒に作り上げていきたいと思います」とコメント。TETSUYAも「このプロジェクトで釜石はこんなに元気なんだよという想いが届くようなダンスをしたいと思います。」と意気込みを語った。

※USAの表記は「U」にウムラウト記号が正式

関連記事リンク(外部サイト)

三代目JSB、「エル・ジャポン」日本人男性初表紙に 表紙&中面が異なる全9種類を同時発売
THE RAMPAGE“大騒ぎ”するダンスコンテストを開催中
EXILE ATSUSHI、ブルーノ・マーズと再会 

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。