体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レトロな一軒家での一人暮らし! 築年数が古い賃貸物件をあえて選んだ理由とは?

築古=住みにくいではない! 築年数では計れないレトロ物件の魅力

築年数が経過した物件は古いし汚いし住みにくいから嫌!……なんて敬遠していないだろうか? 実は築古物件だからこその魅力がそこにはある。

今回は埼玉県熊谷市にある築43年の一軒家の賃貸物件で一人暮らしをする、ねぎしまいこさんのお部屋を訪問。

「和室があって室内がきれい」という条件で部屋を探している時に見つけた築43年の平屋。そこには、「古いから安い」というネガティブな印象をくつがえす、古いからこその魅力と快適さが詰まっていた。
レトロ物件に住むねぎしまいこさんに、築年数が古い賃貸物件を選んだ理由とその魅力について聞いてきた!|レトロな一軒家に女性一人暮らし!築年数が古い賃貸物件をあえて選んだ理由や魅力とは?

レトロ物件に住むねぎしまいこさんに、築年数が古い賃貸物件を選んだ理由とその魅力について聞いてきた!プロフィール

名前:ねぎしまいこさん
職業:会社員
年齢:30代
instagram:@maicom5ルームデータ

所在地:埼玉県熊谷市
居住人数:1人
家賃:42,000円
間取り:2K(36㎡)
築年数:43年
築古物件だからこそ叶った、一人暮らしにしては広い間取りの2Kだ|レトロな一軒家に女性一人暮らし!築年数が古い賃貸物件をあえて選んだ理由や魅力とは?

築古物件だからこそ叶った、一人暮らしにしては広い間取りの2Kだ月々の生活費

家賃:42,000円
駐車場代:3,000円
食費:30,000円
光熱費:20,000円
通信費:10,000円
交際費:10,000円
月の生活費は家賃:42,000円、駐車場代:3,000円、食費:30,000円、光熱費:20,000円、通信費:10,000円、交際費:10,000円|レトロな一軒家に女性一人暮らし!築年数が古い賃貸物件をあえて選んだ理由や魅力とは?

月の生活費は家賃:42,000円、駐車場代:3,000円、食費:30,000円、光熱費:20,000円、通信費:10,000円、交際費:10,000円格安レトロ物件で始めた「好き」を楽しむ暮らし

「たぶん私、この部屋に住む気がする」

内見を終えた帰り道、ねぎしまいこさんは自身のSNSに間取図の写真を添えて投稿した。築43年の平屋で茶色のトタン外壁&瓦屋根、2K和室という“ザ・昭和”な物件だった。

すぐに予感は確信に変わり、ほかの物件を見ずに契約。一般的に女性が好むおしゃれな物件とは大きくかけ離れているが、ねぎしさんはこの物件の何にときめいたのだろう?

「明るい光が差し込む縁側に惚れ込んでしまったんです。『この縁側で多肉植物を育てたい!』と思いました。それと、畳の上でゴロゴロする生活が好きだったので、和室があることも外せない条件でした。築年数にこだわらず和室を求めていたら、自然と古い物件に辿り着いたという感じです。まさか平屋に住むことになるとは思っていませんでしたけど(笑)」(ねぎしさん)
ねぎしさんが一目惚れした縁側。南向きの大きな窓から光がたっぷり差し込み、部屋全体を包む|レトロな一軒家に女性一人暮らし!築年数が古い賃貸物件をあえて選んだ理由や魅力とは?

ねぎしさんが一目惚れした縁側。南向きの大きな窓から光がたっぷり差し込み、部屋全体を包む

当初は家賃6万円程度のアパートを探していたというねぎしさん。熊谷市の2Kの家賃相場は5万6,000円前後だが、たまたま見つけたこの平屋は相場を下回る4万2000円という安さ。しかも縁側と庭まで付いている。

建物自体は古いけれど、室内は改修されていて水まわりが新しかったことも決め手になった。安くて、きれいで、味がある。ねぎしさんにしてみれば、ここに住まない理由が見つからない、というわけだ。

住み始めてもうすぐ2ヵ月。ねぎしさんはこの平屋での新しい暮らしを満喫している。築43年という古さから少しだけ心配していた冬の寒さは、気になるほどではなかったそう。隣に暮らすおじいさんとも顔なじみになった。

ガラガラッと玄関を開けると、縁側につながる場所にはねぎしさんが2年以上大切に育ててきた多肉植物がずらりと並んでいた。一日中光があたる縁側は布団を干す場所としても活用しているそう。
縁側で育てている多肉植物たち。光が差し込む縁側は、多肉植物にとってもさぞ快適な空間になっていることだろう|レトロな一軒家に女性一人暮らし!築年数が古い賃貸物件をあえて選んだ理由や魅力とは?

縁側で育てている多肉植物たち。光が差し込む縁側は、多肉植物にとってもさぞ快適な空間になっていることだろう

2つある和室は扉を外してひと続きの空間として使用し、中央には丸いこたつを配置。壁際の収納棚にはたくさんのCDやレコード、カメラ、ドライフラワーなど、ねぎしさんの好きな物が並んでいる。

ちなみに、伺った日に流れていた音楽はジャムバンド「SPECIAL OTHERS」の曲。ポップなインストが和の空間を彩り、抜群の居心地の良さを演出していた。

「音楽が好きなので、ほぼ毎日かけています。休みの日に縁側でひなたぼっこしながら好きな音楽を聞くのって最高です」(ねぎしさん)
趣味のカメラで撮影した写真を和室の壁面にディスプレイしようと計画中|レトロな一軒家に女性一人暮らし!築年数が古い賃貸物件をあえて選んだ理由や魅力とは?

趣味のカメラで撮影した写真を和室の壁面にディスプレイしようと計画中大家さんが大工ということもあり、趣はそのままに、部屋全体が修繕されている。キッチンなどの水まわりも清潔で使い勝手が良さそうだ|レトロな一軒家に女性一人暮らし!築年数が古い賃貸物件をあえて選んだ理由や魅力とは? 大家さんが大工ということもあり、趣はそのままに、部屋全体が修繕されている。キッチンなどの水まわりも清潔で使い勝手が良さそうだ高校の時、初めてのバイト代で購入したというちゃぶ台は今でも現役。以前から物を長く大切に使う気質のようだ|レトロな一軒家に女性一人暮らし!築年数が古い賃貸物件をあえて選んだ理由や魅力とは?

高校の時、初めてのバイト代で購入したというちゃぶ台は今でも現役。以前から物を長く大切に使う気質のようだ

間取図を見るのが好きで、「いい部屋が見つかったら引っ越そう」と漠然と思っていたなかで出合った理想の部屋。築年数が古いという一見マイナスな条件をポジティブに捉えたことが、住まい探しが成功した秘訣と言えそうだ。

「築年数が古いからこそ縁側があったり、広い和室があったりというメリットがあります。私にとって、このレトロな平屋は理想の空間。それに、当初の予定より家賃が1万8,000円も浮いたので、その分の費用で今年は夏フェスに一つ多く行きたいです!」(ねぎしさん)

春からは庭に花と野菜を植える計画も。

「せっかくの庭なので、とことん活用するつもりです(笑)」(ねぎしさん)
菜園もできる広い庭付きの木造平屋建て。さすがは築43年の趣がある。「この外観自体がセキュリティ設備です」とねぎしさんは笑う|レトロな一軒家に女性一人暮らし!築年数が古い賃貸物件をあえて選んだ理由や魅力とは?

菜園もできる広い庭付きの木造平屋建て。さすがは築43年の趣がある。「この外観自体がセキュリティ設備です」とねぎしさんは笑う安いうえに、一からつくり上げる楽しさがある築古物件

古いからといって、決して悪い物件とはいえない。

築年数が経過している物件は比較的家賃も安いので、希望していた間取りよりも広い部屋に住むことだってできる。ねぎしさんのように自分なりの住みやすさを追求できれば、快適に住むことだってできる。

築年数にこだわらずにいい部屋を見つけて、自分だけの部屋を作り上げよう。

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

文=村上佳代
写真=尾形和美

※「CHINTAI2018年5月号」の記事をWEB用に再編集し掲載しています。電子版はこちら!
※雑誌「CHINTAI」2018年4月24日発売号の特集は「同棲経験者400人に聞いた!幸せな二人暮らしの始め方」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけようあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう

CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。