体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アップルの戦略拠点はインド!?10歳の少年が開発したアプリがApp Storeで人気に

最近、日本で話題となったのが、82歳でアプリを開発した若宮正子さん。60歳でパソコンを学び始め、独学でコーディングを習得。プログラマーとして、活躍するようになった。人間、いくつになっても可能性はある。この話に勇気づけられた人も、多いのでは?

一方、IT大国インドで注目されているのが、Ashwat・Prasanna君という10歳の少年。彼が開発した無料計測変換アプリが、App Storeで大人気。すでに1000回以上、ダウンロードされているそうだ。

・アップル主催のアクセラレータプログラムから生まれたアプリ

Ashwat  君が初めてパソコンに触れたのは、7歳のとき。誕生日に両親がプレゼントしてくれたMacBookを相棒に、さまざまな技術を学んでいく。昨年はついに、ハイテク産業の中心地バンガロールで開催された、App アクセラレータプログラムに参加。数日間のセッションで、自作アプリ「Quickvert」を開発するに至った。

App Storeのアプリ開発者は、年々低年齢化しており、ある方面からは、これがアップルの戦略の1つだという声も挙がっているほど。同社はこの意見に対し、特にコメントしていないが、Androidの4倍以上の収益を誇るiOSアプリに、若者が惹きつけられるのは、無理もないことだろう。

・インドを中心に戦略展開!?

しかし、今アップルが最も熱い視線を注いでいるのが、ITのメッカであり、世界で最も多く25歳以下の若年層を抱えるインドであることは確か。Ashwat君が参加したようなアクセラレータプログラムをはじめ、他国よりも安い価格でデバイスを提供するなど、同国での展開に力を入れている。Ashwat君以前には、同じくアクセラレータを受講したHarshita・Aroraという16歳の少女が、「Crypto Price Tracker」という名のアプリを考案。1万回以上ダウンロードされ、話題を呼んだ。

プログラミング教育が世界的に推進されている昨今を、象徴するかのようなニュース。そうは言っても、これからは高齢化社会。個人的には、若宮さんのような、お年を召したプログラマーが増えてくれることを願う。

souce by bloomberg.com

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。