体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界のベストレストラン50、首位はデンマークの「ノーマ」…日本2店で韓国0店

4月30日、世界最高のレストランを選ぶ「2012ワールドベストレストラン50(The World’s 50 Best Restaurants)」がロンドンで発表された。米紙ロサンゼルス・タイムズなどによれば、レネ・レゼッピ(Rene Redzepi)氏がシェフを務めるデンマーク・コペンハーゲンの北欧料理店「ノーマ(Noma)」が3年連続で1位を獲得した。

上位にはスペインのレストランが多く、2位はスペイン・カルターニャの「エル・セレール・デ・カン・ロカ」、3位はバスクの「ムガリッツ」が選ばれたほか、8位に「アルザック(Arzak)」がランクインした。

10位圏内のレストランは、4位はブラジル・サンパウロの「ディーオーエム(D.O.M)」、5位はイタリア・モデナの「オステリア・フランチェスカ—ナ(Osteria Francescana)」、6位は米国ニューヨークの「パー・セ(Per Se)」、7位は米国・シカゴの「アリネア(Alinea)」、9位は英国・ロンドンの「ディナー バイ ヘストン・ブルメンタル」、10位は米国・ニューヨークの「イレブン・マディソン・パーク」が選ばれた。

気になるのは、日本などのアジア圏。東京の南青山にある「Narisawa」が27位、六本木の日本料理店「龍吟」が28位を記録し、日本からは2店舗がランクインした。シンガポールの「イギーズ(Iggy’s)」は26位で「アジアにおけるベストレストラン賞」を獲得。中国からは香港の「アンバー(Amber)」が44位に入った。

ちなみに、現在官民挙げて「韓食(韓国料理)の世界化」を進めている韓国からは1店舗も選ばれなかった。これについて韓国のソウル新聞は、「韓国のレストランは1つも入っておらず、43位に入った米国の『フレンチ・ランドリー(The French Laundry)』」に韓国系シェフがいることで満足しないといけない」と伝えた。

「世界のベストレストラン50」は今年で10周年を迎え、ランク付けはシェフ、レストラン経営者、料理専門家800人以上の投票を経て決定する。2013年には、アジアのベストレストランを決定する「Asia’s 50 Best Restaurants」が行われるそうなので、今回残念な結果になってしまった韓国からもランクインする可能性は高い。

世界美食ランキング50に韓国料理が1個も挙がらず…韓国ネット上はなぜか日本を非難

画像:The World’s 50 Best Restaurantsより引用

※この記事は、ゴールドラッシュの「朴美奈」が執筆しました。[リンク]

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。