体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【同棲経験者400人に聞いた!】二人暮らしの部屋探し、ケンカを避けてうまく進める方法&コツは?

二人で一緒に暮らすなら、どんなことに気を付けるべき? 先輩カップルの体験談を教えてもらった

いざ同棲生活! 好きな人と一緒に暮らすのだから「どんな部屋にしようかな♪」とあれこれ迷う時間も楽しいはず。なのに、お互いの意見やこだわりの食い違いから、ひとつ間違えばケンカに発展なんてことも……。

せっかくの新生活、二人が納得したうえでスタートできるように、部屋探しのもめ事はできる限り避けたいもの。

そこで今回は、同棲経験のある男女400人を対象にCHINTAIが実施したアンケート結果から、部屋探しでもめた点とうまくいく方法を探ってみよう。
二人が心地良く暮らせる部屋を見つけるコツとは?同棲経験のある男女400人のアンケート結果を見てみよう!|【同棲経験者400人に聞いた!】二人暮らしの部屋探し、うまくいく方法やコツとは?

二人が心地良く暮らせる部屋を見つけるコツとは?同棲経験のある男女400人のアンケート結果を見てみよう!|ケース1:お互いの住みたい街が食い違った場合のうまくいく方法

「立地」は部屋探しで重要なファクターの一つ。

二人の通勤の便はもちろん、ふだん立ち寄りたいお店や施設があるかなどプライベートの過ごし方も関係してくるため、もめ事のタネになることも多い。

では、住みたい街が食い違った場合、先輩カップルはどうやって意見をすり合わせたのだろうか。うまくいく方法は大きく3つのタイプに分かれた。
二人の生活スタイルを左右する街選び。後々恋人とモメないための進め方は?|【同棲経験者400人に聞いた!】二人暮らしの部屋探し、うまくいく方法やコツとは?

二人の生活スタイルを左右する街選び。後々恋人とモメないための進め方は?二人暮らしの街選びがうまくいく方法①:現地偵察型

「デートがてら散策して良い点を見つけた」(東京都 32歳・男性)

「一度見に行って通勤の利便性や、雨の時や雪の時の対応など意見を出しあった」(埼玉県 35歳・女性)

まずは、気になる街へ二人で行ってみるという方法。

実際に街を歩けば、駅までの距離や近くにスーパーがあるかなどを確認でき、新生活のイメージを具体的に描ける。また、街の雰囲気や治安など、肌で感じてはじめてわかることもある。

なお、下見の際には「あれも確認しておけばよかった~」ということがないように、二人が気になるポイントを事前に洗い出してから出掛けることをおすすめしたい。二人暮らしの街選びがうまくいく方法②:優先順位共有型

「条件や予算などを出し合い優先順位をつけた」(神奈川県 27歳・女性)

「箇条書きで条件を出し、譲れないものを10くらいに絞って、それに合うものを探した」(埼玉県 36歳・男性)

「お互いの譲れない項目ベスト3を出し合い、共通するところを第一候補にした」(福岡県 31歳・男性)

こだわりが多いカップルは、優先したい事項を伝え合い、すり合わせるという方法が参考になりそう。互いの価値観をあらかじめ理解しておけば、新生活が始まってもケンカすることは少なそうだ。二人暮らしの街選びがうまくいく方法③:1ポイント突破型

「金銭面で解決」(大阪府 38歳・女性)

「お互いの通勤時間が同じぐらいのエリアで妥協」(東京都 27歳・男性)

「治安を優先した」(茨城県 25歳・男性)

どうしても住むうえで譲れないポイントさえクリアできれば「あとは文句言いっこなし!」と二人の間で決めておくのも手。

ただし、「彼女の希望を叶えた。あとあとウルサイから」(兵庫県 31歳・男性)、「相手の言いなり。一歩もひかないから……」(東京都 35歳・女性)など、相手の意見にひたすら折れるしかなかったという回答がかなり多かったのも事実。

二人の職場に近く、駅近で生活利便性も高い物件を見つけられれば問題ないが、一般的に好立地とされる物件は家賃も高く、なかなか空きが出ないことも。

また、一方だけが通勤に不便な場所だと、帰宅時間など生活リズムにズレが出て、二人の関係や仕事にも影響が出かねない。それではせっかくの同棲生活も楽しさが半減してしまうだろう。

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。