体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『AIさまの言う通り』みらいのつぶやき

『AIさまの言う通り』みらいのつぶやき『AIさまの言う通り』みらいのつぶやき

「おい、進路宣告、どうだった?」

「自分は営業マンと判定されたよ。人に対する興味の値が、高いらしい」

 

脳に取り付けた電極から、その人の興味や適正を割り出し、将来を決めるのは当たり前となっていた。

 

「すごいじゃないか。おれなんて、歌唱能力が、少し高いと言われたくらい」

「しかし、自分がなりたいのは、機械技師。なんとかこの道を選べないものか」

「なんだって。判定の結果に逆らうつもりかい。自分の浅はかな考えより、あらゆるデータから導き出された、宣告に従うべきなのは、当然じゃないか」『AIさまの言う通り』みらいのつぶやき

「そこなんだよ。ぼくには、確実性よりも、大切なものがある気がしてならない。歴史の本で、個人の自由というものを、読んだことがある」

「馬鹿げているよ。そんな昔の、存在したかもわからないものを信じるなんて。とにかく、おれは絶対に反対だ……」『AIさまの言う通り』みらいのつぶやき

毎週水曜日に更新中!

#みらいのつぶやき をつけて
あなたのつぶやきも投稿してみてね

原作・文 つちやみ
イラスト マッチロ

この作品はフィクションです。
実在する人物や団体、事件とはいっさい関係ありません。

関連記事リンク(外部サイト)

「ママ、くるまについてる、このまるいものはなに?」
「ママ、僕、労働で生きていく!」
男が猫と出会ってから、もう随分経ちました。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。