体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

13のカメラとAIを搭載 自律飛行と自動追尾で完璧なセルフィー空撮をするドローン登場

移動するターゲットを空から撮影できるセルフィー・ドローンはこれまでにもいろいろあったが、究極のドローンが登場した。カリフォルニアのロボティクス会社Skydioが4年の歳月をかけて開発した「Skydio R1」は、同社最高の技術力を注ぎ込んだ高性能なセルフィー・ドローンだ。

Follow(追跡)、Lead(誘引)など5つの撮影モードが用意されており、スマホのアプリ画面でターゲットをタップするだけというとても簡単な方法ながら、まるでプロのような迫力あるシーンを撮影できる。完全自動撮影もできるし、アプリからコントロールをするのも可能だ。

自転車を追尾するドローン「Skydio R1」 スマホアプリからコントロールできるドローン「Skydio R1」

13個のAIカメラと自動運転自動車の技術を使って障害物も軽々と避ける!

完璧なセルフィー空撮を実現するため本体には撮影用カメラとは別に、Skydio Automy Engineと名付けられた高度なアルゴリズム処理を行うAIでコンピュータ・ビジョンをリアルタイムで解析するカメラを13個も搭載している。これだけの数のカメラと高速な画像処理技術によって、360°周辺をモニタリングしながら被写体の位置を正確に把握し、追尾することを実現。

13個のカメラを搭載した「Skydio R1」

また、障害物を避ける技術には、SLAMと呼ばれる自動運転自動車にも使われている高度な空間位置情報処理技術や採用され、モーション・プランニング技術が使われているので、電波状況が悪い所でも障害物を軽々と避けながら的確なアングルから撮影できる。たとえば設定したルート上に折れた木の枝のような障害物があっても、それを避けながら狙った映像を思い通りに撮影することができる。それはつまり、ハリウッドの撮影チームが大勢のスタッフで何日もかけて行うような作業を、Skydio R1の1台でやれてしまうということだ。

ドローン「Skydio R1」 ドローン「Skydio R1」

それでいて機体の構造はシンプルで、中央に150°広角で4K撮影ができるカメラとデータを保存できる64GBのメモリが搭載されたボディがあり、その両側を4つのプロペラを設置。上から見ると四角い形にデザインされている。

最高時速は約40km。スポーツやプロモーション風の映像などいろいろな演出が可能

サイトには狭い部屋の中や地下にある(と思われる)駐車場でもスムーズに飛び回るSkydio R1の映像がコンピュータ・ビジョンと共に紹介されている。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。