体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

風水で運気アップ! 中国命理学研究家林秀靜さんに部屋の模様変えのコツを聞いた

風水に基づく模様替えで運気を良くしよう

「住む環境は人の運気を左右する」
これは、古代より中国に伝わる環境学・風水の考え方だ。

大地のエネルギーを取り入れ、環境を整える風水は、都の場所を決める際など、国家レベルで人々の幸福のために活用されてきた。

そんな風水を日常生活に取り入れれば、運気が劇的に良くなるはず! しかし、住む環境を変えるといっても、引っ越しをするのは簡単ではない。

中国命理学研究家の林 秀靜(りん しゅうせい)先生によると、家具の配置を変えたり、インテリアを変えたりする模様替えだけでも、かなり運気を良くすることができるのだそう。

今住んでいる部屋を開運部屋に変えられるなら、これはやってみるしかない! 早速、運を良くする模様替えのポイントを聞いてみた。財気位にベッドを置くことで寝ている間に運気をチャージ

良い気は玄関を通り、ドアから部屋に入ってくる。ドアから入ってきた気が集まる場所を「財気位(ざいきい)」と呼ぶ。寝る場所をここに移動させることで、運気をチャージできるのだとか。

財気位はドアの位置によって変わる。

例えばドアが片側にある場合、その対角の部屋の隅になる。ドアが真ん中にある場合は部屋の両角に。部屋の形が四角ではなく欠けている場合は欠けている部分の両側の角、というようになっている。

「財気位にベッドを置くことで、寝ている間に運気をチャージすることができます。また、眠っている時の頭上に梁や吊り下げ型の照明がこないように調整しましょう。足がドアの真向かいにならない位置にするのもポイントです」(林先生)
寝ているだけで運気がチャージできる財気位。さっそくベッドの向きを変えてみよう|風水で運気アップする部屋に模様替え!中国命理学研究家林秀靜さんに開運のコツを聞いた

寝ているだけで運気がチャージできる財気位。さっそくベッドの向きを変えてみよう明るく統一感のあるインテリアなら気の巡りが良くなる

モノトーン系やダーク系のインテリアが好みの人もいるかもしれないが、風水的にはおすすめできない。

思い切って明るいインテリアに変えてみると、気の流れが良くなるそう。カーテンを変えるだけでもかなり印象が変わるので実践してみよう。

「黒っぽいインテリアはクールに見えますが、日常を過ごす部屋には不向きです。部屋の中が陰気になり、良くないことを招いてしまいます。インテリアはベージュやきなりなどのナチュラルなものを選び、明るい空間をつくりましょう」(林先生)

また、たとえ明るい色を使っていても、統一感のないバラバラのインテリアは落ち着かないのでNG。風水では、調和やバランスも大切な要素だ。同系色でまとめ、テイストをそろえるようにしよう。
モノトーンもかっこいいが、風水的にはナチュラルなインテリアが吉。明るい色の部屋で明るい生活を送ろう|いざ開運! 運気を良くする模様替えの方法を中国命理学研究家林秀靜さんに聞いてきた

モノトーンもかっこいいが、風水的にはナチュラルなインテリアが吉。明るい色の部屋で明るい生活を送ろう吊り下げ型の照明が頭の真上にあるのは風水的にNG

デスクや食卓の椅子、ソファなど、普段過ごす場所では頭の真上に吊り下げ型の照明がこないように。ただ賃貸物件では照明の位置を変えることは難しいので、家具の位置をずらして調節してほしい。

「吊り下げタイプのペンダントライトの場合、頭の真上にくるのはNGです。人が真上から刺される位置になり、風水的に凶となります」(林先生)
家具を移動するだけで、凶を改善できる。もし照明が真上にきている人はできるだけ早く移動しよう|いざ開運! 運気を良くする模様替えの方法を中国命理学研究家林秀靜さんに聞いてきた

家具を移動するだけで、凶を改善できる。もし照明が真上にきている人はできるだけ早く移動しよう古くなった寝具は新しい物と取り替えよう

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。