体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現役大学生「サーティワン アイスクリーム」の “エクセレントスタッフ”に聞く 『お客様に幸せを届ける』接客を通して得たものとは?【バイトの達人】

現役大学生「サーティワン アイスクリーム」の “エクセレントスタッフ”に聞く 『お客様に幸せを届ける』接客を通して得たものとは?【バイトの達人】 サーティワン バイトの達人 サーティワン バイトの達人

「サーティワン アイスクリーム」は、毎年、アルバイトスタッフ向けの接客コンテスト「エクセレントスタッフチャレンジ」を開催しています。2017年、全国でたった20名しか選ばれないエクセレントスタッフに輝いたのが、中央大学4年生の山口育海(やまぐちいくみ)君です。

「イオン茅ヶ崎中央SC店」でアルバイトを始めてから、現在4年目となる彼に、アルバイトで得た人生の教訓や、接客アルバイトのやりがいなどを語ってもらいました。

 

スタッフみんなの笑顔に、いつも励まされてきた

サーティワン バイトの達人「子ども時代は、チョコレートとマスクメロンばかりオーダーしていました(笑)」と、サーティワン アイスクリームの思い出を語る、山口君。

――サーティワン アイスクリームでアルバイトをしたいと思ったきっかけを教えてください。

自宅の近くに店舗があったので、小学生の頃からなじみがありました。

アイスクリームの味も好きでしたが、店の雰囲気も良くて、行く度に僕が笑顔になれたという記憶が残っていて…。大学生になりアルバイトをしようと思った時に、真っ先にサーティワンが思い浮かびました。あんな特別な接客はどうすればできるんだろうと興味がわき、すぐに面接を受けました。

――山口君の自然な笑顔は、とても好印象ですね。人と接するのは好きですか?

実は、人付き合いは得意ではありませんでした。アルバイトをするのもここが初めてだったので、敬語の使い方もわからず、最初はすごく苦労しました。

――それでも、続けてこられたのはなぜですか?

失敗してもうまくいかなくても、周りのスタッフが絶対に責めることなく、必ず、お客様へ接する時の“考え方”や仕事の“優先順位”を教えてくれたからだと思います。納得しながらやるべきことが覚えられました。

それと、スタッフみんながいつも笑顔でいてくれるからです。落ち込んだ時も、スタッフと話すと元気になれます。自分がたくさん元気づけてもらった分、僕も新人さんにはいつも明るく接しようと心がけています。

 

エクセレントスタッフの名に恥じない姿を見せ続けたい

サーティワン バイトの達人エクセレントスタッフチャレンジは、2013年からスタート。2017年は、第5回目の開催だった。

――エクセレントスタッフチャレンジに参加したのはなぜですか?

「イオン茅ヶ崎中央SC店」のスタッフは、仕事上でも人間的にもすごく優秀だと感じていました。「うちの店は、こんなにすごいんだぞ!」と証明したくて、僕が代表として参加したのがきっかけです。

――コンテスト入賞後は、心境に変化はありましたか?

店舗の代表としてエクセレントスタッフに選んでいただいたので、責任というかプライドが芽生えました。今まではギリギリに出勤することもありましたが、今は早めにお店に入ってしっかり準備しています。エクセレントスタッフの名に恥じない姿を、新人さんへ見せ続けなければと思っています。

 

人の気持ちの変化を敏感に気づき、行動できるように

サーティワン バイトの達人ピンクのネームバッジはエクセレントスタッフだけがつけられる、特別なもの。「ネームバッジに気づいた常連さんから、褒めていただきました」と山口君。
1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。