体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『一番搾り 匠の冴』vs「一番搾り」飲み比べでわかった研ぎ澄まされた味わいのセブン&アイ限定ビール!

キリンビールの定番アイテム『一番搾り』。ビール好きだけでなく、お酒を飲む人なら誰でも一度は口にしたことがあるというのは大げさではないくらいのロングヒット商品だ。そして今回、セブン&アイ限定商品『一番搾り 匠の冴(さえ)』が発売された。はたして普通の「一番搾り」と何が違うのだろうか? 飲み比べてみて見えてきたものとはいったい…?

“研ぎ澄まされた味わい”というが、いったい…?

「一番搾り麦汁だけを使った贅沢なビール」というキャッチフレーズで、1990年に発売されてからキリンビール(麒麟麦酒株式会社・東京都中野区)の定番ヒット商品「一番搾り」。最近では「47都道府県の一番搾り」と題し、地元感を演出するなどの展開も行い、第9回「日本マーケティング大賞」も受賞している。そして2018年4月17日からは「地元産の一番搾り 初出荷!」と題し、「9工場の一番搾り」として全国9ヶ所にあるキリンビールの工場ブランドで出荷するキャンペーンも展開している。

2018年4月3日にセブン&アイ限定で発売されたキリン「一番搾り 匠の冴」

そんな「一番搾り」シリーズのセブン&アイ限定商品として発売されたのが『一番搾り 匠の冴』(350ml缶/500ml缶・希望小売価格 税込221円(350ml缶)/286円(500ml缶)・2018年4月3日発売)だ。

 

メーカーのふれこみは「芯の通った麦芽のうまみと、研ぎ澄まされた味わいを実現した特別な一番搾り」と銘打っている。うん、ちょっとよく分からない。

 

ということで、実際に普通の「一番搾り」と飲み比べて、違いをチェックしてみることにした。

缶のパッケージデザインを見ると「氷点下熟成」とある。

 

これは氷点下の温度でビールを熟成させることで、一般的なビールに比べて雑味を抑えることができる製法だという。そのうえ、キリン独自の“一番搾り製法”によって純度の高い麦芽の旨味が抽出されているというわけだ。

商品コンセプトの「清澄な味わい」というのは、どこから来るのか。原材料などをチェックしてみると、麦芽・ホップとある。

 

あれ?

 

「一番搾り」って、米やコーンスターチも入ってなかったっけ?
と気になって、普通の「一番搾り」の原材料をチェックしてみると、こちらも麦芽とホップのみ。い、いつの間に……?
調べてみると、2009年3月にリニューアルされて麦芽100%ビールへと生まれ変わっていたのだ。不勉強でした…。

とまあ、能書きはこのへんにして気になる味わいを飲んで確認してみよう!

 

口に広がるビール特有の苦味が心地よい!

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。