体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

築地の老舗卵焼き店の息子・テリー伊藤氏の監修で2018年のトレンド入り確実!? 『食べる麻辣(マーラー)』

食通としても有名なテレビプロデューサー、タレントなどマルチに活躍するテリー伊藤氏が監修した『食べる麻辣(マーラー)』(内容量110g、450円税抜)が、株式会社ドウシシャより発売中。2018年にブレイクしそうなアイテムを、いち早くおためししてみた。

 

 

2018年の食のトレンドはズバリ「辛い&痺れる」!

 

テレビや新聞でも「マー活」や「辛女」などの言葉が生まれ、2018年の食のトレンドは「辛い&痺れる」になると予想されるほど、食に敏感な人たちの間では話題になっている「麻辣(マーラー)」。とはいえ、一般的な知名度は「ラー油」に比べてまだあまり高くない。

「食べるラー油」なら知っているけれど、「食べる麻辣(マーラー)」は初めて耳にした、という人もきっと多いはず。「麻辣」とは「花椒(かしょう)」と「唐辛子」による中華料理の味付けのこと。「花椒」の舌が痺れるような辛さである「麻味」と、「唐辛子」の舌がヒリヒリするような辛さである「辣味」からなる、2種類の異なった「辛さ」が特徴だ。

一方、ぎょうざのタレに使う「ラー油」は、唐辛子などの香辛料を植物油の中で加熱して、辛味成分を抽出した調味料のこと。分かりやすくいうと、「ラー油」の辛さにビリビリくる痺れを足したものが、「麻辣」といえそうだ。

食通のテリー伊藤氏のお墨付き!

そんな「麻辣」の魅力をもっと多くの人に知ってもらおうと、実家が築地の老舗玉子焼き店でもあるテリー伊藤氏に「麻辣」を使用した商品の監修を依頼し、誕生したのが『食べる麻辣(マーラー)』なのだ。2018年2月14日に千葉・幕張メッセで開催された「第52回スーパーマーケット・トレードショー2018」にテリー伊藤氏が登壇し、PRイベントを実施。「和・洋・中に合ってしびれが効いてほんとに美味しい」とコメントするなど、自ら監修した商品への自信をのぞかせた。

いざ、『食べる麻辣』を実食!

「和・洋・中に合う」ということで、まずは「和」を代表して冷ややっこにかけて食べてみることに。蓋を開けると、思った以上に油分が多いが、香ばしいフライドガーリックやフライドオニオンなども入っており、意外とスプーンですくいやすい。

ものすごく辛そうな見た目だが、いざ食べると辛さよりも「花椒」のビリビリした味わいが口の中に広がっていく。実は、記者のなかでは冷ややっこは苦手な部類に入るのだが、『食べる麻辣』があれば美味しく食べられそうな気がする。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。