体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生まれ変わった「映画のまち」調布を住民の方と一緒に散策してみた

生まれ変わった「映画のまち」調布を住民の方と一緒に散策してみた

東京都心部と、自然豊かな高尾・多摩エリアの中間あたりに位置する調布。市内に映画・映像関連企業が多いことから「映画のまち」として栄え、かつては「東洋のハリウッド」とまで言われた街だ。近年は京王線調布駅の地下化、駅前広場の拡充などの再開発が進むが、街の変化は住環境にどのような影響をもたらしたのだろうか。変わりつつある「調布」の街を調査すべく、住民の方と一緒に歩いてみた。

2017年誕生の駅ビル「トリエ京王調布」

今回、街を案内してくれるのは調布在住歴18年の坪沼大輔(つぼぬま・だいすけ)さん。映画やドラマの撮影に携わる仕事をしており、「映画のまち」の案内人にはうってつけのお方だ。ちなみに好きな映画は『ニュー・シネマ・パラダイス』。トリエ京王調布B館のビックカメラ(写真撮影/小野洋平)

トリエ京王調布B館のビックカメラ(写真撮影/小野洋平)

坪沼さんがまず案内してくれたのは、2017年に誕生した駅ビル「トリエ京王調布」。かつて地上にあった調布駅舎の跡地に位置し、ショッピングセンターのA館、家電量販店が入るB館、大型シネマコンプレックスが入るC館の3つから構成されている。トリエ京王調布C館の映画フロア「イオンシネマ シアタス調布」(写真撮影/小野洋平)

トリエ京王調布C館の映画フロア「イオンシネマ シアタス調布」(写真撮影/小野洋平)

なかでも注目すべきは、「イオンシネマ シアタス調布」。「映画のまち」に6年ぶりに誕生した映画館だ。動きや香り、光などの演出効果が人気の体験型アトラクションシアター「4DX」や東日本では初となる立体音響テクノロジー「GDC featuring dts-X」を採用したシアターがあり、これには映画好きの坪沼さんも歓喜したそうだ。

ちなみに4月13日からは、往年の名画を1年間にわたって連続上映するイベント「午前十時の映画祭」がイオンシネマ シアタス調布でも始まり、最新のスクリーンで『タイタニック』や黒澤明監督作品などが楽しめる。

「往年の名作映画を最新の設備で見られるのはうれしいです。個人的には早く『七人の侍』をスクリーンで見たいですね」(坪沼さん、以下同)

充実度を増した調布駅前

新たな駅ビルの誕生は、市民の生活利便性も大きく向上させたという。トリエ京王調布A館に入る成城石井(写真撮影/小野洋平)

トリエ京王調布A館に入る成城石井(写真撮影/小野洋平)

「駅前に来れば、そろわないものはないと思います。以前から調布駅前にはPARCOをはじめ、西友や東急ストアがありましたが、今回駅ビルの中にグローサラント(※)型店舗の『成城石井』が登場したんですよ」

(※)グローサラント:食品販売店の「グローサリー」と「レストラン」を合わせた造語。店で売っている食材をその場で調理した料理を、飲食スペースで楽しむことができる。トリエ京王調布C館の横にある「てつみち」。木製の家具や人工芝のカーペットは親子の憩いの空間となっている(写真撮影/小野洋平)

トリエ京王調布C館の横にある「てつみち」。木製の家具や人工芝のカーペットは親子の憩いの空間となっている(写真撮影/小野洋平)

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。