体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

戦後日本の魚事情を支えた「トロール」ってなんだ?

戦後日本の魚事情を支えた「トロール」ってなんだ?

愛媛県八幡浜市の道の駅「みなっと」のすぐ正面に、網元の台所「海幸丸(かいこうまる)」というお店があります。新鮮な海鮮をつかった食事が楽しめるのはもちろん、隣接する「トロール市」では魚の直売もしています。

はて? トロール?

聞きなれない言葉だったので、日替わりの地魚フライ定食を注文しつつ、オーナーでもある昭和水産の宮本英之介さんに話を聞いてみました。戦後日本の魚事情を支えた「トロール」ってなんだ?戦後日本の魚事情を支えた「トロール」ってなんだ?

トロールは
伝統の「底曳(そこびき)漁」

トロール漁業は、沖合で行なう「底曳網漁業」のことで、2隻で1つの網を曳いて水深100〜200mの魚を獲る、八幡浜の伝統的な漁のスタイル。

トロール漁は全国にありますが、2隻で曳くのは下関や長崎、島根の浜田、岩手の宮古などの一部だけ。アジやサバのように中層にいる魚ではなく、海底にいる魚を一気に獲るんだそうです。エソ、タチウオ、イボダイ、イカ、マアジなど、その数300種類以上とも!

トロール漁のシーズンは9月1日から翌4月末。1回の航海の平均は2〜3日で、月に10〜15回ほど八幡浜港に戻って荷揚げをします。

トロール漁で
八幡浜の街が元気に

戦後日本の魚事情を支えた「トロール」ってなんだ?

「戦後日本は食糧難で、動物性タンパク質を摂る必要があったんです。国策として、魚を中心に食料増産が求められました。八幡浜では、今うちが持っている2隻しかないんですが、昭和20〜30年代当時は54隻もあり、とにかく漁獲量が高かったんです。小さい魚でもカマボコやじゃこ天になり、練りものを中心に水産加工業も栄えたんですよ」

だいぶ縮小されたとは言え、このトロール漁からあがってくる、1000〜1500箱という魚が市場に並ぶことで、仲買や加工業も安定し栄えていたことが想像できますね。きっと、漁師が飲みに行ったり、パチンコを打ったり、スナックに顔を出すことも、街の経済の循環に影響していたはず。

海幸丸は
トロール船の名前でもある

戦後日本の魚事情を支えた「トロール」ってなんだ?

そんな話を聞きながら待っていると、やってきました「網元の地魚フライ」。この日はタイかモンダイで選べましたが、水揚げによって魚種は変わるそうです。すべて天然物!

メニューも豊富で、ぶっかけ漁師めしスタイルや煮魚、さらに店内の鮮魚から選んで調理してもらえるセット(お刺身調理は無料)もありました。1日10個限定の「トロールバーガー」なるものも気になるところ。

ちなみに「海幸丸」というお店の名前は、昭和水産が今でも稼働させている八幡浜唯一のトロール船「第15・16海幸丸」と同じ名前です。この伝統漁を色褪せないようにと、2019年には新船建造に向けて動いているというからオドロキです。

「ここ数年、輸入魚ではなく国産の魚を食べよう、という回帰の動きが活発になってきたと思います。単価も上がりつつあるし、僕たちには守り続けてきたという気概もありますからね」

そんな、八幡浜の漁業の伝統を感じながらおいしい魚を食べるなら、海幸丸とトロール市へ立ち寄れば間違いなし。戦後日本の魚事情を支えた「トロール」ってなんだ?戦後日本の魚事情を支えた「トロール」ってなんだ?戦後日本の魚事情を支えた「トロール」ってなんだ?戦後日本の魚事情を支えた「トロール」ってなんだ?戦後日本の魚事情を支えた「トロール」ってなんだ?

「網元の台所 海幸丸」

住所:愛媛県八幡浜市沖新田1582-3(トロール市場内)
TEL:0894-24-7711
営業時間:11:00〜14:00
定休日:土曜日

 

「トロール市」

営業時間:7:00〜16:00

Photo by JAPAN LOCAL取材協力: 八幡浜市

関連記事リンク(外部サイト)

「未来の魚は、コレになるかも」スーパー加工食品、じゃこ天の秘密
塩パンの生みの親にありがとう! 発祥の店は愛媛県にあった
創業102年の酒蔵が本気でつくった、極上の「みかんリキュール」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。