体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無人なのに、なんだか温かい。レトロな「自販機食堂」の魅力

無人なのに、なんだか温かい。レトロな「自販機食堂」の魅力

「群馬県には、なぜかレトロ自販機がいっぱいある」
なんて話は、なんとなく聞いたことがありました。

でも今回、群馬県伊勢崎市にある「自販機食堂」に行ってみたいと思ったのは、そんなことより、ただ単純にレトロ自販機を体験してみたいと思ったからでした。

レトロなのは
自販機だけじゃなかった!

無人なのに、なんだか温かい。レトロな「自販機食堂」の魅力 中に入るとこんな感じ。基本は、スタッフさんがいないフリースタイルです。入り口手前側には、どこか懐かしい感じのゲーム機やガチャガチャが。そして、少し目を進めると「トースト」の機械を発見!はじめて生で見るレトロ自販機にテンションが上がりました。無人なのに、なんだか温かい。レトロな「自販機食堂」の魅力 反対側には「うどん」と「うどんそば」(しばらく故障中)と「ハンバーガー」。無人なのに、なんだか温かい。レトロな「自販機食堂」の魅力

店内には、これまたレトロな両替機(1000円→100円、100円→10円)も。小銭がなくても安心です。

いざ、使ってみる。

店内をざっくり把握したところで、実際に自販機を動かしてみます。
まずは「トースト」。無人なのに、なんだか温かい。レトロな「自販機食堂」の魅力

メニューは2種類「ハム&チェダーチーズ」と「おためしメニュー すりおろしガーリックマヨ+スライスガーリック」。どちらも250円とお手頃です。

小銭を入れてボタンを押すと、無事、トースト中のランプが点灯しました。無人なのに、なんだか温かい。レトロな「自販機食堂」の魅力

いわゆる普通の自販機とは若干仕様が違ったりするのですが、ご覧のとおり、手書きやテプラでかなり丁寧な説明書きが。なんだか、ちょっとおもしろくて、ついつい全部読み込んでしまいました。

だから40秒なんてあっという間!無人なのに、なんだか温かい。レトロな「自販機食堂」の魅力

ハム&チェダーチーズサンドの完成です。

で、“こっちもやってみたい!”と、お次は「うどん」。天ぷらうどん(330円)をセレクトし、トーストと同じ要領で進めると、これまたあっという間に完成しました。無人なのに、なんだか温かい。レトロな「自販機食堂」の魅力無人なのに、なんだか温かい。レトロな「自販機食堂」の魅力

ちなみに隣のラーメンは350円、バーガー系は3種類あり、すべて300円です。

商品開発は
まさかのお客さん!?

完成系がこちら。無人なのに、なんだか温かい。レトロな「自販機食堂」の魅力

正直言うと“楽しかったから味はおいしくなくてもいいかな”なんて思いながら(ゴメンナサイ)食べたのですが、普通にというか、かなりおいしかったです。一緒に行った同僚と「会社にあったら毎日買うね」なんて言いながらペロリと完食したくらいには。

それもそのはず、運営元の「株式会社ミトミ」は、群馬県を中心に、レトロ自販機の中の食品を製造して卸している会社だったんです。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。