体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「帝王切開、やっぱ怖かったよ」「うん、僕も」え?手術受けたのは私なんですけども… byきたあかり

こんにちは、きたあかりです。 前回エピソード:入院中、夫に切にお願いしていた「1週間後にお迎えする超VIPのために掃除を」の結果は… byきたあかり

GCUに入院中のムスメを残して一足先に我が家へ戻った日のこと。

夫の作ってくれた夕飯を食べてお風呂に入って、布団に入ると… 急にかつての日常生活に戻って来た気がして、しばらく続いていた非日常の日々が走馬灯のように思い出されてきました。

f:id:akasuguedi:20180403134641j:plain

無痛分娩で産むつもり満々でいたら、お腹がどんどん大きくなってきていたこと。

妊婦だからこんなもんかと思っていたら羊水過多症で、いきなり管理入院になったこと。

帝王切開の手術の恐怖と、自分の子どもの泣き声。

思いのほかニヒルな新生児微笑…

寝っ転がりながら、夫にこう話しかけました。

f:id:akasuguedi:20180403134659j:plain f:id:akasuguedi:20180403134710j:plain

なんといっても、手術の恐怖!ぬくぬくの布団に戻ってきた今こそ言いたい。怖かったよーー!本当に怖かったよ。意識はっきりしたままお腹切られるの怖かったよ…!

…という思いを吐露してみたところ、

f:id:akasuguedi:20180403134729j:plain

まさかの「僕も」発言。

「え?怖かった?」「手術受けたのは私なんですけども…」「どんと構えとかんかい」

とか思っていたら、

f:id:akasuguedi:20180422123125j:plain f:id:akasuguedi:20180403134759j:plain f:id:akasuguedi:20180403134812j:plain

妻が受ける手術の工程を想像するのが怖かったんじゃなくて、妻子に何かあったんじゃないかと思って怖かった、という。

意味が分かると途端に夫が怖がってくれた事が嬉しくなり、「無事にこの人のもとに帰って来れて良かった」と心から思ったのでした。 関連記事:“この人になら全てを託せる”、そんな旦那様に「ありがとう。」

f:id:akasuguedi:20170630151342j:plain

著者:きたあかり

2016年6月にムスメを出産し、生後2ヶ月ごろからインスタで育児絵日記(@kita.acari)をつけています。ムスメの寝顔を見ながら寝落ちするお昼寝タイムが至福。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

里帰り出産から戻ってみたら…夫が「できる夫」になっていて感激!
出産がテーマのテレビドラマに感謝! 2人目妊娠中、夫の変化に驚きました
ママがいないとギャン泣きだった娘が、パパと留守番できるようになった理由とは

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。