体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CHINTAIスキークラブ現役アスリート・小林諭果が教える! 毎日の疲れを癒やすお風呂で簡単ボディケア

アスリートがオススメ! 自宅のお風呂で簡単ボディケア

毎日忙しく疲れがとれない。マッサージに行きたいけれど時間もないし……。そんなお疲れのあなたにおすすめしたい、自宅のお風呂でできるセルフボディケアをご紹介!

お風呂大好きCHINTAIスキークラブ所属現役アスリート(スキージャンプ選手)の小林諭果が教えます。
CHINTAIスキークラブの現役アスリート・小林諭果|CHINTAIスキークラブの現役アスリート・小林諭果おすすめ!自宅でできる簡単ボディケア

CHINTAIスキークラブの現役アスリート・小林諭果お風呂をためて心も体もリラックス

時間や余裕がないし掃除もめんどくさい! だから毎日シャワーだけなんてことありませんか? 浴槽にゆっくりつかることにはさまざまな疲れを緩和する効果があります。1日の終わりには湯船に使って忙しい毎日をリセット、心も体もリラックスする時間をつくってみませんか?
お風呂の湯船にお湯をためて、ゆったりリラックス♪|CHINTAIスキークラブの現役アスリート・小林諭果おすすめ!自宅でできる簡単ボディケア

お風呂の湯船にお湯をためて、ゆったりリラックス♪なかなか寝付けないなんて人は湯船に浸かって

仕事の疲れや悩みでなかなか寝付けないなんてことありませんか? そんな時は少しぬるめ(37~40℃)のお湯で長めにゆっくりお風呂に浸かり、心身ともにリラックスしましょう。

体の緊張がほぐれて神経が鎮静化するので、しっかり疲れがとれるはず。就寝1~2時間前くらいに入浴するのがベストです!
お風呂でゆっくり体を温めることで、体温をじっくり上げて、体の緊張をほぐそう|CHINTAIスキークラブの現役アスリート・小林諭果おすすめ!自宅でできる簡単ボディケア

お風呂でゆっくり体を温めることで、体温をじっくり上げて、体の緊張をほぐそう小林諭果も実践中! 半身浴のすすめ

半身浴って長い時間湯船に浸からなきゃいけないし飽きちゃう、なんて人は映画やドラマ、好きな音楽を聴きながらゆっくりした入浴タイムを送ってみてはいかがでしょうか?

私はお風呂場に防水スピーカーを持ち込み音楽を聴いて過ごしたり、防水ケースに入れた携帯を持ち込み映画を観ながら半身浴をするのが大好き。気付いたらいつも長風呂になってしまいます。

みなさんも映画や音楽を持ち込んで自分だけの入浴タイムを過ごしてみてはいかがですか?

▽半身浴におすすめの入浴剤
きき湯アロマリズム(リラクシングネロリの香り)
張り詰めた気分と疲れた体にはこれ! リラクシングネロリの香りで心もカラダもリフレッシュできちゃいます!
きき湯アロマリズム リラクシングネロリの香り 360g 入浴剤 (医薬部外品)疲れがとれない朝は、熱めのお湯で目を覚まそう♪

朝起きても冴えなかったり眠気が取れないなんてときありますよね。そんなときは、41℃~42℃の熱めのお湯に短い時間でサッとつかります。交感神経が刺激され気分もスッキリ、リフレッシュできます。
朝起きるのが辛い、なんて人は熱めのお湯で目を覚まそう|CHINTAIスキークラブの現役アスリート・小林諭果おすすめ!自宅でできる簡単ボディケア

朝起きるのが辛い、なんて人は熱めのお湯で目を覚まそう

▽疲れがとれない朝におすすめの入浴剤
きき湯アロマリズム(リフレッシングジュニパーの香り)
やる気が起きない気分とだるい体に効果があるのはこれ! リフレッシングジュニパーのすっきりとした香りで気持ちも切り替えられるかも?
(バスクリン)きき湯 アロマリズム(リフレッシングジュニパーの香り)360g(医薬部外品)小林諭果も実践中! すっきりした目覚めのための就寝時の腹式呼吸

私は寝る前に腹式呼吸をして深い睡眠をとるようにしています。ぐっすり眠れるので目覚めもスッキリ。みなさんもぜひ試してみて!

①.仰向けになり足は肩幅程度に開き、手のひらは上に向けて両脇に置く
②.ゆっくりと4秒かけて鼻から息を吸いお腹をしっかり膨らませる
③.5秒息を止め、8秒かけて口から息を吐く
④.3~4回繰り返したら普通の呼吸に戻す
呼吸法を実践していたら、早速眠気におそわれる……|寝る前に!ぐっすり眠れる腹式呼吸の方法|CHINTAIスキークラブの現役アスリート・小林諭果おすすめ!自宅でできる簡単ボディケア

呼吸法を実践していたら、早速眠気におそわれる……肩こりや腰痛が気になる人は体を芯から温めて

肩や首のこり、腰痛を解消するには血液の循環を良くすることがポイントです。体が温まり血行が促進される温浴効果、さらに体重の負担を軽くしてくれる浮力効果があるお風呂は、肩こりや腰痛に悩まされている人に効果抜群! ゆっくり入り、体を芯から温めましょう。

こういう場合は、37~39℃のお湯に長めにゆっくりつかります。この間に血液の循環がよくなり、乳酸などの疲労物質も流してくれます。
しっかり湯船に浸かることで、じんわりと疲れがなくなっていくのを感じられるはず|CHINTAIスキークラブの現役アスリート・小林諭果おすすめ!自宅でできる簡単ボディケア

1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。