体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

集まれ餃子女子!「餃子フェス OSAKA 2018」が今年もGWに開催


餃子と言えば、ガッツリ食べる体育会系男子やビール片手の中年男性をイメージしたのは過去の話。今や“餃子女子”なるブームが起こり、女子好みのメニューが人気を集めている。

そんな中、多種多様な餃子メニューが集まる「餃子フェス OSAKA 2018」が、5月2日(水)~6日(日)の期間、大阪城公園太陽の広場で今年も開催される。入場は無料、食券は1枚600円。


今年のテーマは「ビューティ&エナジー」。健康志向の女子たちに捧げる“ビューティーメニュー”と、GWを満喫するためにパワーをつけたい“エナジーメニュー”を取り揃え、定番人気の「ご当地餃子」を筆頭に、「職人系餃子」「肉汁ハンパない系餃子」「おしゃれバル系餃子」などのカテゴリーに分け、食べても撮ってもおしゃれな餃子の世界を過去最多のラインナップで繰り広げる。


“餃子女子”が好むのは、ちょっとおしゃれな個性派の餃子店。ワインを片手に楽しめるバル風餃子のお店『オペレッタ52』の「白鴨餃子」は、まさにビューティ餃子の代表格だ。


国産素材にこだわる『餃子少年~GYOZA BOY~』の勝負餃子は、特製明太マヨソース&お餅&チーズの「もちチーズ明太マヨ焼き餃子」。女子好みの三大トッピングも満喫したい。


肉汁部門では『肉玉そば おとど×浅草開化楼』の「東京名物 肉汁おとど餃子」が登場する。他にも『羽根つき焼小籠包 鼎’s(Din’s)』の「羽根つき焼き小籠包」や、『近江牛餃子 包王』の餃子と小籠包が合体した贅沢な特大餃子「近江牛餃子 牛とんぽう」なども味わうことができる。


定番のご当地餃子といえば「宇都宮餃子」。『宇都宮餃子館』の「宇都宮餃子館 王道!健太餃子」と、『宇都宮餃子専門店 悟空』の「特製肉餃子」が食べ比べができるという贅沢なチャンスも見逃せない。


他にも『肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場』の「東京手羽餃子」や、『餃子専門店 福吉』の「海老チーズ餃子」、『餃子専門店 龍の餃子』の「酢コショウで食べる あらびき豚トロ餃子」など、多様な餃子が会場いっぱいに待ち構える。健康かつビューティに餃子をお腹いっぱい満喫できる「餃子フェス」で、全餃子制覇を目指してみてはいかが?

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。