体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大谷翔平フィーバー!その「スゴさ」は現地ではどう扱われているのか

大谷翔平フィーバー!その「スゴさ」は現地ではどう扱われているのか
J-WAVEで放送中の『GOLD RUSH』(ナビゲーター:渡部 建)のワンコーナー「SPONAVI」。4月20日(金)のオンエアでは、アメリカメジャーリーグデビューを果たした大谷翔平選手に注目。開幕から投手&打者の二刀流で活躍し、「ベーブ・ルースの再来」として大フィーバーを巻き起こした舞台裏に迫ります。

■大谷選手を酷評したメディアが謝罪するほどの活躍!

開幕から投手として2勝を挙げ、打者として打率 .324、ホームラン3本、11打点と、ここまでファンの期待以上の好成績を収めています。現在の「大谷フィーバー」について、ベースボール専門メディア『Full-count(フルカウント)』編集部・佐藤直子さんに話を伺いました。

渡部:大谷選手の開幕について、率直にどんな感想をお持ちですか?
佐藤:ここまでとは思わなかったですね。キャンプも取材して、ご存知のとおりオープン戦ではなかなか結果が出ないかたちでした。正直なところ、マイナー契約でもあるので、ゆっくりアメリカに慣れていけばと思っていたんですけど。
渡部:メジャーデビューでスタメン起用というのは、監督も大谷選手の才能を買っているということですか?
佐藤:だったと思います。「ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム(通称:エンゼルス)」自体、監督が強い権限を持っているチームで、恐らく監督が才能をその中に見たんだと思いますね。もちろんビリー・エプラー ゼネラルマネージャー(GM)はわかっていたと思います。
渡部:チームメイトとかは、オープン戦で結果が出ていない大谷選手、しかも二刀流という未知のことにチャレンジする選手を使うことに反感みたいなことはなかったんですか?
佐藤:なかったと思いますね。というのも、打撃練習のときからものすごい球を飛ばすんですよね。私が見ていた打撃練習のときは、逆風のなかアルバート・プホルス内野手とマイク・トラウト外野手と同じ組で打撃練習をやっていて、彼らよりも柵越えの数が多かったんですよ。
渡部:チームメイトはみんなわかっていたと。あとは、開幕前に酷評していたメディアが謝ったり、手のひら返しで「ごめん、間違っていた」と。謝っている方々ってけっこうな(知名度の)方々なんですってね。
佐藤:アメリカって、わりと記者の認知度が高くて、記事を書くだけじゃなく、テレビに出ている人も多かったりするので、ファンの方も名前を見れば「この人はすごい記者だ」ってわかるんですね。みんながわかる記者の方が「すみません。間違ってました。見誤ってました」と堂々と言っていて。

■「ベーブ・ルースの再来」と言われる大谷選手

最近は日本のメディアでも大谷選手を取り上げることが多くなりました。渡部が「日本メディアの過大評価というわけではないですか?」と質問する佐藤さんは「むしろアメリカのほうが大々的にやっている部分が多いんじゃないかなと思います」と回答。また、右手中指のマメの影響でピッチングが振るわなかった件についても、「『Full-count』の通信員から情報を聞いているかぎり大丈夫そうです」と話しました。

続いて、渡部が「ベーブ・ルース再来」について話題を振ると、佐藤さんは以下のように解説しました。

佐藤:ベーブ・ルースって別格で、神様だと思うんです。もともとホームランで有名な方で、アメリカではピッチャーもやっていた「二刀流の人」というのは、知られていることなので。100年以上前の方の名前が引き合いに出てくるのは、すごいことだと思います。

『Full-count』でも、開幕から記者が現地で大谷選手の動向を追い続けています。佐藤さんも6月に現地取材を予定しているそうです。今後も大谷翔平選手から目が離せません!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOLD RUSH』
放送日時:金曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。