体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

THE BAWDIES、ROYとMARCYは「家族みたいな」距離感

THE BAWDIES、ROYとMARCYは「家族みたいな」距離感
J-WAVEで放送中の番組『RADIO DONUTS』(ナビゲーター:渡辺 祐・山田玲奈)のワンコーナー「NITTOCHI LUNCHTIME AVENUE」。4月21日(土)のオンエアでは、4人組ロックバンドTHE BAWDIESから、ROYさん(Vo, B)とMARCYさん(Dr)をゲストが登場。初ベストアルバム『THIS IS THE BEST』などについて、お話を伺いました。

■「いい距離感」が大切

結成15週年、デビュー10週年を迎えたTHE BAWDIESですが、ROYさんとMARCYさんは幼なじみなので、ふたりの付き合いはもっと長いとのこと。

ROY:15周年、10周年って言ってもらってますけど、もっと前から一緒なんで、音楽を始めたとこだけ切り取って考えられない。「それくらい経ったかぁ」みたいな感じなんです。まぁ、やっぱり楽ですよね。家族みたいな。
MARCY:いい距離感だよね。離れても別にいいし。会話なくても3時間くらいいられる。

■「まだまだついてきてくれ」という思い

そんなふたりが所属するバンド、THE BAWDIESは、初ベストアルバム『THIS IS THE BEST』をリリースしたばかり。インディーズ時代にリリースしたアルバム『YESTERDAY AND TODAY』から最新アルバム『NEW』まで、37曲プラス新曲の全38曲収録という大ボリュームの2枚組アルバムです。

ROY:新曲が入ってないと意味がないと僕は思ってるんですね。ベスト盤って、ピリオドが付いてしまうようなイメージがあるじゃないですか。まとまってしまう。でも、新曲が入ることによって、「俺たちは進み始めてるぞ」、「まだまだついてきてくれ」という思いがこもっています。

■全国47都道府県を周るツアーをスタート!

『THIS IS THE BEST』の受注限定生産盤『DELUXE EDITION』は、今や入手困難となっているファーストデモCD音源を含む24曲が収録されたレアトラックCDや、これまでのMV全25曲の映像版ベストアルバムを加えた4枚組がBOXに収められています。

アルバムの選曲には頭を悩ませたそうで、選考基準になったポイントは、シングルになっている楽曲、シングルにはなっていないけれどMVがあってアルバムでのリード曲、ライブでの定番曲の3つ。しかし、その基準だけではアルバムによって選ばれる曲数がバラバラになってしまうため、ひとつのアルバムから3〜4曲ずつという形でまとめたとROYさんが解説しました。

そんな初ベストアルバムとともに、4月22日(日)から新木場 STUDIO COASTを皮切りに、全国47都道府県を周るツアーをスタート。年をまたいで2019年1月17日(木)には日本武道館で公演予定です。今回のツアーが年をまたぐことには理由があるそうで、以下のように話しました。

ROY:2018年は、THE BAWDIESの結成15周年目、デビュー10周年目。でも満・15周年、10周年というのは2019年なんですね。ということで、みなさんでお祝いパーティーを。ぜひ来ていただきたいなと思っております!

チケットはすでに先行予約を受け付け中です。気になる方はぜひチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『RADIO DONUTS』
放送日時:土曜 8時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。