体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.23 ハマ・オカモト x あっこゴリラ

NeoL_hama_akko3 | Photography : emi

OKAMOTO’Sのメンバーが友人はもちろん、憧れのアーティストなどをゲストに迎える対談企画第23弾。ハマ・オカモトがホストを務める今回は、「スペシャのヨルジュウ」でのVJ仲間としておなじみのあっこゴリラが登場。いかにしてラッパーにたどり着いたのか、その歴史や精神性について語りあった。

──実際に知り合う前はお互いどういう印象を持ってましたか?

ハマ「(あっこゴリラが)前にバンドでドラムを叩いていたことをやんわり知っていたくらいです。僕はそもそもヒップホップカルチャーの人たちとの接点があまりないですし、そのシーンに対して詳しくもないので。ただ、深夜番組であっこゴリラの姿を初めて観て、パンチが効いている人だなと思ったことは覚えています。アーティスト名も存在感も。これはあとで話しますけど、物事に対して恐怖心のない人というイメージがありました。それは、そういうキャラクターでいようとしているのか、本当に全く物怖じしない人なのかということもわからないのが最初の印象でした」

あっこ「そうだったんだ。私みたいな人のことをハマは嫌いなんだろうなと思ってました。私自身は基本的に人を嫌いにならないから、嫌われるほうが多いのね。でも、『スペシャのヨルジュウ』の生放送で初めてハマと会ったときに『僕、意外に嫌いじゃないです』って言ってきて」

ハマ「しかも放送中に(笑)」

あっこ「私は初めてのレギュラー番組だったから、私からハマにぶっ込んでいかないとって思ってたの」

ハマ「僕は初回の放送はツアー中で出席できなかったんです。でも、他の共演者はみんな初回からあっこ台風っぷりを浴びていて」

──高気圧ガールっぷりを(笑)。

ハマ「そうです(笑)。番組VJとして共演している三原(勇希)さんから、あっこちゃんの『この(テンションの)感じで大丈夫?』というフリがあって、『全然大丈夫!』って答えたんですよ。これを言ったらある種の営業妨害になるかもしれないけど、放送中にこの人はものすごく賢い人なんだなと確信できて。そのうえでこのテンションなんだと思えたのは大きかったです」

あっこ「全然営業妨害じゃないよ。でも、恥ずかしい(笑)。私はもちろんOKAMOTO’Sのことは昔から知っているんですけど、最初は10代でデビューした演奏の上手いバンドという印象が強かったですね。たぶんインディーズ時代のMVも観ているし、黒猫チェルシーと同期というのも知ってた」

NeoLHama_akko2 | Photography : emi

──OKAMOTO’Sのライヴを観たことは?

あっこ「バンド時代のエンジニアの方が一緒で、すごく前に渋谷のQUATTROであったライヴを1回観に行ったことがあるんですよ。で、この前ZEPP TOKYOであったライヴを友だちになってから初めて観たんです」

──やはり最初に観たライヴとは印象が違いましたか?

あっこ「全然違いましたね。もともと本人たちは生い立ちもそうだしいろんなことをまとっていて、苦労した面もいっぱいあると思う。それと、バンドシーンみたいな村があって、音楽オタクゆえにそこに位置づけられることの葛藤みたいなものもあったと思うんですよ。でも、この前のZEPPのライヴを観てすごくオリジナルなバンドなんだなと思って。たとえばレイジくんがビートを作った曲(『NO MORE MUSIC』収録の「Cold Summer」)があるじゃん? あの曲ってすごくヒップホップな感じのサウンドでいくかと思いきや、オルタナティブな展開になっていくんだよね。ああいう曲を聴いてもすごくオリジナリティを感じたし、カッコいいバンドだなと思いましたね」

──それを受けてハマくんはどう?

ハマ「実は、今の話を直接伝えてくれまして、うれしかったですね。世代は近いけど昔からずっと仲がいいわけではないし、お互い今のスタイルや状況になった経過は見てない中で、フィーリングで色々なことを感じ取ってくれる人がいるんだなと思いました。僕たちもバンドとして伝え方が不器用なところもありますが、自分たちなりに戦ってきて、その結果としてオリジナルなバンドになれたんだと思ってもらえるのは純粋にうれしいです」

1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。