体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どうしても、仕事を人に“任せられない”。それでも「人に任せる」を諦めてはいけない。

どうしても、仕事を人に“任せられない”。それでも「人に任せる」を諦めてはいけない。

『「残業しないチーム」と「残業だらけチーム」の習慣』(明日香出版社)の著者である石川和男さん。石川さんは、建設会社総務部長・大学講師・専門学校講師・セミナー講師・税理士と、5つの仕事を掛け持ちするスーパービジネスパーソンです。そんな石川さんに「残業しないチームと残業だらけチームの特徴」についてお聞きしました。


「人に任せる」ということ

「あなたはA社の受付にとある書類を持っていくように上司から頼まれました。自分の会社からA社までは歩いて1時間かかります。書類は受付に渡せばいいだけとのことです。あなたならどんな方法でA社に書類を届けますか?」

多くの方が「郵送する」「バイク便で届ける」など、人に任せる方法を思い浮かべたのではないでしょうか?中には「もしかすると、書類を届けに行くときに、A社の方に顔を売れということか…」と上司の意図(?)をくみ取って自分で届けに行くという選択をした方もいるかもしれません。「至急届けてほしいから自分で行け!」ということを上司は伝えたかったのかもしれません…。いずれにしても、まずは上司に意図を確認をしておくことが必要となるでしょう。

実際に確認したところ「いや、ただ書類を届けてもらえばいい。至急ではないよ」とのこと。このような状況であれば、いよいよ「人に任せる」という選択肢を選ぶ人が多くなるのではないでしょうか?

ではなぜ「人に任せる」という選択をするのか?それは「その方が効率的である」と考えているからでしょう。自分で片道1時間、タクシーを使ったとしても数十分かけてA社まで行かずとも、届けてもらえればその時間は別の仕事ができるわけです。

しかし、実際の仕事に目をやると、いかがでしょうか?

なかなか人に任せるということができない方も少なくありません。普段の仕事においては「人に任せると逆に時間が取られてしまう」と感じている人も多いのではないでしょうか?

仕事を人に任せないとどうなるか?

しかし、人に任せると時間がかかるからと言って、ずっと自分で対応をし続けていては、どうなってしまうでしょうか?

当然のことながら自分で対応しなければならない仕事の量は増えます。あなたがAという仕事を人に任せられないうちに、Bという仕事もCという仕事も担当することになるわけです。当然残業も増えていきます。業務時間が増えていき、上司からは早めに退社するように促される。するとAもBもCも中途半端にしか対応できなくなっていき…。仕事の質は低下していくことでしょう。

またあなたの部下や後輩にとっても良くない状況です。「なんで任せてもらえないんだろう…なんで認めてもらえないんだろう…」という感情が募っていくことでしょう。そうなると部下や後輩は仕事に対して前向きに取り組もうという感情が削がれていってしまうかもしれません。

こういった状況が進んでいくと…どうなっていくでしょうか?

上司からはAという仕事もBもCも中途半端…次に任せたかったもっと大きな仕事があったのに、任せてもらえなくなるかもしれません。

部下や後輩は、あなたに任せてもらえない、認められないという感情から、ストレスを感じてしまうことでしょう。

「人に任せられない」ことから、様々な悪循環が生じてしまうのです。

「人に任せる」ことを諦めてはいけない

しかし、そう簡単に「人に任せる」ことはできないものです。

最初はどうにも手間取ってしまい、逆に時間がかかってしまうでしょう。また、頼む相手によっては、覚えが悪かったり、自分なりのやり方を勝手に持ち込んで間違った方法で対応しようしたり…(もちろん基本的な業務が理解できていれば自分のやり方で工夫する必要はありますが)。とにかく苦労することも多いはずです。

でも、それでも「人に任せる」ことは諦めてはいけないことです。前段落のような悪循環を生まないためにも、任せる勇気を持つことが大切なのです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。