体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インスタ映え必至! 2018年GWに行きたい、とっておきの東京パブリックアート5選

ゴールデンウィークは東京でパブリックアートを

今日、東京ではさまざまなパブリックアートを発見することができる。

パブリックアートとはその名の通り「公共の芸術」。美術館やギャラリー以外の公共の場所、たとえば公園や道路などに設置された芸術作品のことで、無料で楽しむことができるのが魅力だ。

今回は今年のゴールデンウィークに行きたい、東京のパブリックアートを5つご紹介。意外と身近なところにアートが潜んでいるかも!【赤坂】アート巡りから始まるいつもと違う朝

「朝から散歩がてらアートでも見に行かない?」と彼女(彼)を誘うのにオススメしたい場所が、グランドプリンスホテル赤坂跡地に2016年7月に開業した「東京ガーデンテラス紀尾井町」。緑に囲まれた公園は高台にあり、ここからの眺めが最高! そしてパブリックアートは全部で9つ。それぞれの設置場所がほどよく離れているので、宝探しをするように楽しめる。

「水の広場」にあるのは、古くから神獣や神の使いなどとされる鹿をモチーフとした彫刻。剥製を3Dスキャンして制作されたそう。明け方の空を仰ぐ姿は、とても神秘的な雰囲気。

散歩の後は施設内のレストランで美味しい朝食を。素敵な1日がスタートすること間違いなし! もちろん、一人でもバッチリ楽しめる。

作品名:White Deer
作者名:名和 晃平(なわ こうへい)
場所:東京ガーデンテラス紀尾井町(東京都千代田区紀尾井町1-2)
White Deer/名和晃平|東京ガーデンテラス紀尾井町|インスタ映え必至! 2018年GWに行きたい、とっておきの東京パブリックアート5選

White Deer/名和晃平|東京ガーデンテラス紀尾井町【原宿】海外からの旅行者にも人気「原宿」で出合った最先端アート

流行の発信地「原宿」。ストリートアートなども多く点在する言わずと知れたオシャレな街だが、今回ご紹介するのは一見アートとは思えない商業施設「東急プラザ表参道原宿」。

エスカレーターを上がると、エントランスが鏡張りになっており、内側から撮影すると“万華鏡”のような素敵なアート写真になる。道路を歩く人々が鏡張りの壁にランダムに映り込み、現実の世界とは思えないような魅力的な光景が広がっている。

設計した中村拓志氏は広島県尾道市にある「Ribbon Chapel」、埼玉県所沢市にある「狭山の森 礼拝堂」などでさまざまな受賞歴を持つ新進気鋭の建築家。地域の風土、地形、自然に寄り添う設計をモットーとしている。

ファッションだけでない魅力を持つ原宿。たまには視点を変えて、最先端アートを楽しんでみては。

作品名:東急プラザ表参道原宿
作者名:中村拓志/㈱NAP建築設計事務所・㈱竹中工務店
場所:東京都渋谷区神宮前4-30-3
東急プラザ表参道原宿/中村拓志

東急プラザ表参道原宿/中村拓志【大崎】山手線の車窓から見えるあの謎の物体の正体は!?

東京近郊にお住まいの方ならおなじみの山手線沿線。東京をぐるりと一周するあの路線の車窓から発見したパブリックアートをご紹介。

それは山手線で五反田駅から大崎駅に向かう途中、左側に見える「アートヴィレッジ大崎」の作品群の一つ「グローイング・ガーデナー」。

作者はドイツの4人組アーティスト、インゲス・イデー。彼らの作品はユーモラスなものが多いのが特徴だ。この作品のモチーフは森の守り神を意味する庭師(ガーデナー)。空に向かって伸びる赤い帽子はまるで、ぐんぐん成長していく芽のようでもある。春に向けて気持ちに気合いを入れたい時に見るにはぴったりの作品かもしれない。

「アートヴィレッジ大崎」にはほかにも国内外のアーティストによる4つの作品が設置されているので探してみては。

作品名:グローイング・ガーデナー
作者名:インゲス・イデー
場所:アートヴィレッジ大崎(東京都品川区大崎1-2-2)
グローイング・ガーデナー/インゲス・イデー|アートヴィレッジ大崎|インスタ映え必至! 2018年GWに行きたい、とっておきの東京パブリックアート5選

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。