体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」

お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」

先に言っておきますと、この記事はいわゆる群馬県の観光ガイドの一環で書いています。でも、きっと、ガイドとしては不十分なんだと思います。それでもこの記事をガイドっぽく書きたくないのには理由があります。
よく知らないでその場所に乗り込むからこそ“よさ”が引き立つスポットってあると思うんです。これからご紹介する「はっちゃんショップ」は、まさにそんな場所だと私は思ったんです。

あと、ワケあって、これ以降は全部ひらがなで書きます。とても読みにくいものになると思うので、読むのがめんどくさいと思った方は、ぜひ飛ばして後半部分から読み始めてくださいね。漢字を混ぜた書き方で再掲しています。

しゅうしわらいがとまらなかった
1どめのはっちゃん

お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」

さいきんすこしずつテレビにではじめているぐんまのはっちゃんこと、田村はつゑさん(83)。かのじょがいとなむバイキングやさん「はっちゃんショップ」にはしゅざいで2どいきました。

お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」

いりぐちはこんなかんじ。けっこうはいるのにゆうきがいりません?なんか、ちょっとシュールなかんじ。

システムはいたってシンプルで、りょうきん500えんのさきばらいせい。あとははっちゃんてづくりのごはんをすきなだけたべていいんです。メニューはひがわりでまいにち15しゅるいほど。にたまごがにんきなんだそうです。あ、ちなみに、おかねはおおくはらってもすくなくはらってもはっちゃんにげんつきバイクでおいかけられます。500えんキッカリがポイントです。お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」へいてんまぢかになるとごはんはすっかりなくなります

で、なつかしいかんじのごはんがとってもおいしいんですけど、しょうじきたべるのにぜんぜんしゅうちゅうできませんでした。

なんでかって……?

1どめのほうもんは、もうみせじまいがはじまったころでした。そのときいたおきゃくさんは、じょうれんさんのごきんじょマダムが3にんほど。そのマダムたちとはっちゃんのなにげないやりとりが、もうおもしろいことおもしろいこと。わだいはつきることがありません。ごきんじょゴシップからしもネタまでえんえん。そして、とつぜんはなしがふってくるからゆだんはできません(わらい)
でもじょうだんぬきで、ずーーっときいていられるかんじ。じょうしゅうべんでしゃべるはっちゃんのキャラもいいかんじなんですけど、このおもしろさはまさにそうりょくせん!つたえるのがとってもむずかしいんですが、ひとついえるのは、そのへんのバラエティばんぐみよりずっとずっとおもしろいということ。

そんなこんなで1じかん。4にんでいったのですが、かえりのくるまではみんながみんな「ヤバい……」としかはっせないくらいにはことばをうしなっていました。そのくらい、しょうげきてきなおもしろさだったってこと。

はっちゃんアゲイン。
かんどうものがたりをきいた
2どめのほうもん

お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」ものごころついたときからくつしたをはいていないそうで、これがはっちゃんスタイル

2どめのほうもんはすこしゆっくりおはなしをききたくて、じぜんにおでんわしていきました(このひも、ゆかいなごきんじょマダムたちにあえました)。ここでしったのは、はっちゃんはおさないころからとてもくろうをしてきたということ。そして、そのけいけんがいまにたくさんいきているということ。

はっちゃんがおみせをひらいたのは62さいのときでした。
かけいをたすけるために10さいからはたらきにでたはっちゃんは、がっこうにいけず、こもり、さかなやさん、はたおりなど、たくさんのしごとをけいけんしました。まいにちひっしで、がんばりすぎてトイレでねむってしまったこともあったんだとか。

ひっしにまいにちをすごしていくなかで、ずっとこころのなかであたためつづけていたおもいがありました。

それは“しゅうがくりょこう”にいきたいということ。

こそだてがひとだんらくした57さいのとき、はっちゃんはにほんいっしゅうをけついします。しかもげんつきバイクで。

おみせのかべのいたるところに、とうじのたのしそうな(そしてときどきふざけてはしゃいでいる)しゃしんがズラリ。お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」はらおどり、けっこうとくいみたいです お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」

かべいちめんにはられたしゃしんやいまでもたいせつにとってあるスタンプちょうをみると、はっちゃんがどれだけだいじに“しゅうがくりょこう”をしてきたかをかんじとることができたようなきがします。きっと、ずっといだいていた、たのしい“しゅうがくりょこう”のゆめはかなったのではないでしょうか。

いまがいちばんしあわせだ。

これはちょっとゆうめいなはなしなんですが、「はっちゃんショップ」は、おきゃくさんがくればくるほどあかじなんだそう。たりないぶんはねんきんでほてんしている、とわらいながらおしえてくれました。でも、それでもおみせをあけつづけるりゆうは、むかし、ぜんこくのみなさんにやさしくしてもらったから。これはまさに“しゅうがくりょこう”のときのこと。やさしくこえをかけてもらったり、ときにはとめてもらったり。このときのおんがえしのつもりでやっているんだそうです。お客さんが来れば来るほど赤字になる、群馬の「はっちゃんショップ」“しゅうがくりょこう”のときのにっき。まいにちのことがていねいにつづられています
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。