体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

PC用4Kモニター日本初の「DisplayHDR 1000モデル」が5月に発売 市川紗椰を起用したWEB限定CM公開

PC用4Kモニター日本初の「DisplayHDR 1000モデル」が5月に発売 市川紗椰を起用したWEB限定CM公開

 従来よりも再現される部分が広く、鮮やかさが際立つHDR(ハイダイナミックレンジ)。スマホのカメラにもHDR撮影機能が搭載されていますが、HDRのPC標準規格「DisplayHDR」のハイエンド規格「DisplayHDR 1000」の日本初認証を受けたPHILIPSの4Kモニターが2018年5月25日に発売されます。ともないモデルでタレントの市川紗椰さんを起用したWEB限定CMが公開されました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 映像では、色鮮やかなドレスを身にまとった市川紗椰さんを様々な角度から撮影。ドレスの色を破綻なく見せるHDRの再現性はもちろんのこと、市川さんの肌の白さやきめ細かさまでも精緻に表現しています。また、ドレスの持つ質感も4Kならではの表現力で再現。ジュエリーの硬質な輝きもうまく表現されていて、まさにモニターの実力を見せつけています。


 HDRでは、太陽が入る逆光状態など、画面内に大きな明暗差が生じた時にも白トビ、黒ツブレが起きにくいのが特徴。細かなディティール表現を可能にしています。ハイエンドの「DisplayHDR 1000」認証モデルは、さらにハリウッドの名だたる映画会社によって規格化された「Ultra HDプレミアム」の認証も取得しています。

 また、色再現性でも滑らかな階調を実現。従来より広い色空間を用いた、多彩な色調のコンテンツも余裕で再現しています。WEB限定CMは30秒ですが、店頭ではよりたっぷりとモニターの実力が堪能できる、120秒のロングバージョンがデモンストレーションで流される予定です。

 なお、Philips Displayの日本発売5周年と、日本初の「DisplayHDR 1000」認証モデル(42.5インチ/予測価格:税込119,000円)の5月25日発売を記念して、先行予約キャンペーンが実施されます。先行予約して対象機種を購入した方、先着1000名にNETFLIXプリペイドカード2000円分がプレゼントされます。

情報提供:MMD Singapore Pte Ltd.

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

チューブ入りのワサビみたいな蛍光マーカー登場 味見したくなる?
関刃物職人による名刀ペーパーナイフに「新選組モデル」登場
意識高い系読書家みたいなスマホカバー登場「形容矛盾の権化かよ」

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。