体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これ1本でBBQの満足度が格段にアップ! 『キッコーマン 和風BBQ(バーベキュー)たれ』新発売!

春爛漫。青空の下、BBQをするのに最適な季節の到来だ。最近では駅ビルやスーパーの屋上で、手ぶらでBBQが楽しめるところも増えているが、そんな時でもぜひとも持参すべき「BBQ必携アイテム」がある。キッコーマンから発売中の『和風BBQたれ』だ。

 

BBQ奉行を前にしても、「タレ」だけは譲れない!

トングを片手に、焼き加減はもちろん、肉の選び方から調理方法、火の起こし方まで、独自のこだわりを発揮する”BBQ奉行”を前にしたら、なかなか付け入る余地は少ないかもしれない。でも、せめて「タレ」だけは自分好みの味付けで食べたい!と思うようになったのは、『和風BBQたれ』をつけて焼いたお肉が、あまりにも美味しかったから。

 

キッコーマン食品株式会社(東京都港区)から発売されている『和風BBQたれ』は、これ1本で「付けてよし!かけてよし!塗ってよし!漬け込んでよし!」のマルチぶり。まさにBBQを美味しくするために考え抜かれた、BBQ専用ダレなのだ。

ウマさの秘密は“燻製しょうゆ”と“しょうゆもろみ”にアリ

“燻製しょうゆ”と“しょうゆもろみ”にローストしたにんにく、たまねぎなどの香味野菜を加えた『和風BBQたれ』は、小皿にあけるとスモーキーな薫りがそこはかとなく漂い、それだけで食欲を刺激される。ためしに舐めてみると、香ばしさとともに、ほのかに野菜の甘みが感じられる。

早速、焼いた肉を『和風BBQたれ』につけて食べてみる。

「和風」と謳っているだけあって、思った以上にあっさりしている。タレの味が主張しすぎることなく、肉の旨みがしっかりと感じられるので、ちょっと奮発して高い肉を食べる時は、この食べ方が合うかもしれない。

次に試してみたのは、肉を焼く前に「漬け込む」パターン。

およそ15分漬け込んでから焼いたのだが、トロッとしていて肉に絡みやすいため、肉がタレにコーティングされて肉汁を逃さない。また、「和風BBQたれ」を加熱すると、しょうゆと糖が反応して香ばしい香りがうまれて食欲をそそる。何もつけずに焼いた肉よりジューシーで、風味豊かになっていることに驚くとともに、「次こそは炭火焼きで試したい!」という気持ちが、心の底から湧き上がってきた。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。