体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

長崎ちゃんぽんとは違う、「白くない」八幡浜ちゃんぽんがうまい!

長崎ちゃんぽんとは違う、「白くない」八幡浜ちゃんぽんがうまい!

白くない「ちゃんぽん」があると聞き、四国の西の玄関口、愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)へ。

いわゆる長崎ちゃんぽんのような白濁の豚骨ベースではなく、鶏ガラや、かつおだし・昆布だしをベースにしていて、「あっさり系」の黄金色スープが特徴的だとか。

古くから海上交易が盛んだったので、中国から渡ってきた「ちゃんぽん文化」が独自進化を遂げたようですね。いまではすっかり八幡浜のソウルフードになっています。

八幡浜ちゃんぽんの御三家
ロンドン、丸山、イーグルへ

街には、ちゃんぽん専門店があるというよりも、食堂やレストラン、カフェ、居酒屋などで色々なスタイルの「八幡浜ちゃんぽん」があります。

その店舗数は40以上とも言われていますが、まずは地元民からも「御三家」と呼ばれる、ロンドン・丸山・イーグルの3店に行ってみることに。主役級にうまいサイドメニューとあわせて召し上がれ。

01.
「ロンドン」
定食屋の八幡浜ちゃんぽん

先代が中国人から教わってちゃんぽんを始めたという「ロンドン」。創業は昭和25年で、元々はアイスキャンディー屋さんだったそう。

そこから徐々に、八幡浜のみんなを支える定食屋さんになり、ちゃんぽんが定番メニューになったのは30年ほど前。麺は太めのストレート。野菜の甘みが、鶏ガラスープとの相性も良く、ペロリといけちゃう系です。お酒を飲んだあともこのちゃんぽんならOK。

この店は、ちゃんぽん以外のメニューも豊富で、焼肉定食やとんかつ、鳥のからあげなどの定食が気になったのですが、オススメを聞いたところ「酢豚が人気」とのこと。

ちゃんぽんは3食入りのお土産用もあるので、ぜひ。長崎ちゃんぽんとは違う、「白くない」八幡浜ちゃんぽんがうまい!ちゃんぽん(550円) 長崎ちゃんぽんとは違う、「白くない」八幡浜ちゃんぽんがうまい!長崎ちゃんぽんとは違う、「白くない」八幡浜ちゃんぽんがうまい!酢豚(800円)

「ロンドン」

住所:愛媛県八幡浜市新町1丁目
TEL:0894-22-1234
営業時間:11:30〜21:00
定休日:水曜日、毎月8日


02.
「丸山」
八幡浜ちゃんぽん発祥の店なのに
あんかけ焼そばも捨てがたい

「丸山に行ったら、あんかけ焼そばかな」という地元民も多いんですが、八幡浜ちゃんぽん発祥の店と言えば、ここ。戦後まもない昭和23年の創業だそうです。

削りぶしや昆布だし、鶏ガラをベースにした、醤油系あっさり味。

「鶏ガラや野菜、エビとかをグツグツ煮出して、すべての料理のベースになるだしの素を作ってるんです」

このスープが本当に優しくて、まろやか。醤油系が好きな人は丸山へ。

ちなみに、同じだしをベースにして作られている「あんかけ焼そば」も海鮮の風味がギュッと詰まっていて、港町らしいひと皿。長崎ちゃんぽんとは違う、「白くない」八幡浜ちゃんぽんがうまい!特製ちゃんぽん(650円) 長崎ちゃんぽんとは違う、「白くない」八幡浜ちゃんぽんがうまい!長崎ちゃんぽんとは違う、「白くない」八幡浜ちゃんぽんがうまい!あんかけ焼そば(650円)

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。