体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ぐんぐん成長するビッグベビー! 新生児用グッズ、いつまで使える?

f:id:akasuguope01:20180220155231j:plain

第三子は予定日より早く産まれたにも関わらず、3,500gを超えていました。

第一子、第二子ともに3,000g未満で産まれたので我が家にとってはビッグベビー。産まれた瞬間から上の子たちと比べてひとまわり大きく感じ、ずっしりとしたある意味、迫力のある子でした。

臨月に入る前の妊婦健診で「今の時点で2,700g超えているわ。この子は大きくなるから、早く産むためにも臨月にはいったらとにかく歩いてね!」と産婦人科医にいわれていたので、覚悟はできていました。

そのため、新生児用のオムツや50サイズの肌着や服はあまり用意しないことに。コスパは悪いけれど、紙オムツは1パックずつ購入し、肌着や服は50〜70サイズや60サイズなどを買うようにしていました。 関連記事:ハイペースで増え続ける我が子の体重。平均体重で誕生したのに3ヶ月後には…

これは結果、大正解でした。

というのもなんと退院後1週間もしないうちに紙オムツは新生児サイズがちょっとあやしい感じになってきてしまったのです。

実は第三子は産まれた後も順調に体重が増えていき、産後の生理的減少もほとんどなく、更にまるまるとしていたほどだったのです。退院時の検診で産婦人科医もびっくりするくらいの体重の伸びでした。

オムツや服はこちらの思惑通りだったのですが、実は困ったものが1つありました。それはベビーバスです。ベビー用品店で見て気に入ったつくりのものがちょっと小さめだったこともあり、心配はしていたのですが、生後2週間くらいでパンパンになってきてしまったのです。ベビーバスを使っていたのは初夏だったので、それほど湯冷めなどには気を遣わなくてよかったのが幸いでした。

生後1ヶ月検診の頃にはほぼサイズアウト状態。検診が終わったその日から大きなお風呂デビューをしました。

新生児期はたった1ヶ月しかなく、成長も著しい時期ではありますが、第三子の大きくなっていく姿はただただ驚くばかりでした。

生後1ヶ月検診でも周りの子よりもやはり一回り大きく、産婦人科医、助産師にも「立派だね」と笑われたほどです。

その後も順調に大きくなっていき、現在2歳ですが幼稚園の年少さんくらいに間違われます。3人の中でなぜか第三子だけ大きいのです。足のサイズも大きく、ずいぶんと前にベビーシューズは卒業。

現在は幼児用の靴を履いています。袖を何回か折れば、5学年上の第二子の服も着られちゃうほどです。

これからどれだけ大きくなるのかますます楽しみです。 関連記事:股ボタンは常に開放、脇腹が鈍感、片手抱きなんて絶対無理。涙のビッグベビーあるある by もものしか

f:id:akasuguope01:20180127093527j:plain

著者:ゆめさい

年齢:34歳

子どもの年齢:9歳、7歳、2歳

元気いっぱいな3人の子どもたちにふりまわされている? ふりわましている? 3児の母です。「明日こそダイエット開始!」と「明日こそ優しく!」が口グセになり早●年……。日に日に「きれいで優しいママ」からは遠ざかっていますが、たくましい母ちゃん目指して日々精進しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

まとめ買いやもらい物の育児グッズを使いそびれた…整理整頓は大事です!
代用できるものはあるけれど…授乳クッションは買うべきだった! by 笹吉
第2子用のベビーバスを再購入、お風呂用のバウンサーとして大活躍!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。